So-net無料ブログ作成
冬に便利なヒーターベスト あったかベスト ブログトップ

やっぱり便利で温かいヒーターベスト 家の中でも外でも 充電式で何度でも使えて、省エネにも あったかベストSHV-02と電熱ジャケットを使い分け [冬に便利なヒーターベスト あったかベスト]



どこがスゴイ?
・体を温めるヒーターベスト
・スイッチオンですぐに温か
・家の中でも外でも使えて便利
・温かさは、強、中、弱の3段階
・最初、強で温めて、自動で中に切り替わったり
・強だと熱いくらいの温かさ
・充電式で何度でも使えて
・使い分けできるから、厚着しなくても
・暖房費の節約になったり

寒いときにヒーターベストが一番、温かさも調節できて、やっぱり便利♪
ヒーターベストは、薄いベストの中に電熱線が入ってて、そこに電気を通すことで温めるんだけど。仕組みは、お布団を温めるために使ってる電気敷毛布と同じようなものじゃないかしら。

電気で温めるから、バッテリーが付いてたり、別売でUSBのモバイルバッテリーを用意して、温かさも、強、中、弱の3段階、寒さに合わせて使えて。貼って使うようなカイロと違って、温かさが調節できて、バッテリーを充電すれば、繰り返し使えるから便利。

初めて、ヒーターベストを買ったのは、2年くらい前かしら。『SUNART 充電式Wヒーター内蔵電熱ベスト ぬくさに首ったけ あったかベスト SHV-02』で、下の写真の首まであるもので。バッテリーが、USBじゃなくて、付属のもの。

今までは、秋とか冬の寒い時期に、外出するときだけ使ってて。これを使い始めてから、外が寒くても、平気で外出できるようになったんだけど。急に寒く感じたら強で温めて、熱くなったらオフとかできるから、わざわざ厚着しなくても済んだり。

バッテリーがフル充電の状態で、強だと3時間くらい、中で4.5時間、弱だと7時間くらい使えるんだけど。スイッチをオンにすると、最初、強で温めて、しばらくしたら、中に下がって、その後は、お好みで。強だと熱いくらいだから、私は、いつも、中とか弱だから、バッテリーが切れるまで使うことがほとんどなくて。

2ヶ月くらい前、ヒーターベストを家の中でも使ってみたら、寝起きにすぐ体が温められて、体にも良さそうと思うようになって。今まで、座ってるとき、冷え性だから電気ひざ掛けしてたけど、ヒーターベストで体を温めた方が、自由に動けるし、体が温かいと手足も冷えないし。

室内でも、ヒーターベストを着るようになったら、『あったかベスト SHV-02』は、首と背中が温かいから、寒い外は良かったんだけど、室内だと頭がぼーとしてる気がして。

背中じゃなくて、お腹とか、腰を温めるものの方がいいんじゃないかしらと思って、首の部分がなく、お腹の左右、腰の左右、背中を温める『電熱 ベスト 電熱ジャケット 防寒 USB 加熱 バッテリー給電 3段温度調整 5つヒーター 男女兼用』を使うことに、下の写真の最初のが、そのヒーターベスト。

このヒーターベストは、USBのモバイルバッテリーを使うタイプで、『Anker PowerCore 13000』とつなげて使ってるんだけど。『Anker PowerCore 13000』は、USBポートも二つ付いて、容量も大きい方だから、弱で使ってたら、10時間以上は、使えるかも。

使ってて感じたことは、このヒーターベストも、十分、温かいし、服の中に着てても分からないくらいだから、部屋の中なら、この方が良さそう。

温かさは、お腹と腰に2枚ずつカイロを貼ったような感じで。強なら熱いくらいになるし、スイッチをオンにしたら、最初は、強で温めて、しばらくしたら、中に切り替わるから、『あったかベスト SHV-02』と似てて。

2つの違いは、『あったかベスト SHV-02』は繊維状のカーボンファイバーだから、電熱線のコードが入ってる感じが気にならなくて、ベストもふわふわで、ちょっと厚みもあるから、アウターで着てるものが温かい感じ。背中が広く温かいから、寒いときには、より温かくて、ベストの素材も防寒着として、役に立ちそう。

USBモバイルバッテリーを使うヒーターベストは、ベストの生地が薄くて、ストレッチ素材だから、触ると電熱線が分かるけど、着てると気にならなくて。お腹と腰が温かいから、のぼせた感じにもなり難く、インナーの上に着て、その上に、何か着たら、着てるかどうか分からないから、目立たないように温めるなら、こちらの方がいいかも。

このヒーターベスト、アマゾンのレビュー数も多くて、評価も高めなんだけど。その中に、USBのモバイルバッテリーが熱くなることが気になるという書き込みがあるんだけど。実際に使ってみたら、『Anker PowerCore 13000』に付いてたメッシュ生地のケースに入れてると、問題なさそう。

ヒーターベストの左ポケットの中に、USBケーブルがあって、それとモバイルバッテリーを接続して、お腹のところのポケットにいれるんだけど。そのポケットの近くに、お腹を温めるためのヒーターが入ってるから、ポケットの中も、温かいから、モバイルバッテリーも温められてという話。

お腹のヒーターは、内側に付いてるから、体が感じるような温かさが、そのまま、ポケットの方も同じ温かさでもないし、通気性がいいメッシュ生地のケースに入れて使ったら、USBの延長コードで使ったときのモバイルバッテリーの温かさと、そんなに変わらないかも。

私も、最初、気になって、ヒーターベストからUSBの延長コードを使って、ウエストポーチにモバイルバッテリーを入れて使ったりしてたけど、何度も使ってるうちに、あまり変わらないことに気づいて。でも、通気性がいいケースに入れてなかったら、少し温度は、高めになりそう。

使ってみての感想は、すごく便利だし、電気代の節約とか、省エネにもなって。十分、温かいと感じるくらい部屋を温めたら、オール電化住宅だから、電気代がすごく高くなるんだけど。部屋の温度をちょっと低めで、ヒーターベストを使った方が、電気代が抑えられて。

部屋ごと温かくだと、温める広さがすごいから、体に密着してるヒーターベストで体を温めた方が、ムダが少なくて、効率がいいみたい。寒さも地域で、いろいろだけど、ちょっと肌寒いくらいなら、ヒーターベストだけでも過ごせそう。

寒くなると、何をするにも、おっくうだし、憂鬱になるんだけど。家の中でも外でも、体が温かいだけで、寒さで感じるストレスが軽くなった気がして、冷えてるより温めた方が、体の調子もいいのかも。

こんな方にオススメ
・暖房をもっと便利にという方
・気軽に体を温めたい方
・通勤や通学が寒くて困る方
・冷え性で寒さがイヤという方
・バイクやゴルフなどで防寒着を探している方

heatervest01.jpg heatervest02.jpg

heatervest03.jpg heatervest04.jpg

  


nice!(440) 
共通テーマ:ショッピング
冬に便利なヒーターベスト あったかベスト ブログトップ