So-net無料ブログ作成

岩手のお菓子 ミルク風味で、ねっとりした餡が美味しくて、洋菓子のような感じも いわて焼き練乳 タルトタタンのミルクまんじゅう [料理・食材・飲み物・お菓子など]



どこがスゴイ?
・いわて焼き練乳 タルトタタンのミルクまんじゅう
・ミルク風味の餡で、ねっとりした食感も♪
・まんじゅうだけど、洋菓子のような感じ
・お茶、コーヒー、紅茶にも合うし
・製造日から1ヶ月以上持つから、お土産にも便利

お土産のお菓子が美味しくて タルトタタンのミルクまんじゅう
岩手に旅行に行ってた友達から、お土産に、『いわて焼き練乳 タルトタタンのミルクまんじゅう』を貰って。牧場の乳牛のような白と黒のパッケージで、初めて食べたんだけど。まんじゅうだけど洋菓子のような感じで、美味しくて。

ミルク風味の餡が中に入ってるから、クリームみたいな味に近いけど。クリームと違って、脂肪分が少ないから、さっぱりして、後味が爽やか。白い餡の食感も、ねっとりした感じだから、最中のこした白餡を思い出すんだけど、焼き練乳と書かれてるから、練乳の感じもあるかも。

まじゅうだと、黒い餡が入ってる和菓子のイメージがあるから、ミルク風味が、全然、想像できなくて。でも、食べてみたら、クリーミーな感じもあるけど、ミルクの風味って、安心させるところもあるのかしら。お茶だけじゃなくて、コーヒーにも紅茶にも合うから、食べやすくて。

子供の頃って、まんじゅうよりも、ケーキとか洋菓子の方が好きな気がするけど、ミルクまんじゅうなら、喜んで食べそう。製造日から1ヶ月以上は持つし、保存方法も、直射日光、高温多湿下での保管は特に避けてと書かれてるだけだから、お土産に便利かも。

『タルトタタンのミルクまんじゅう』だから、タルトタタンは、お菓子屋さんの名前なんだけど。ネットで調べたら、いろんなタルトタタンが出てきて。どうしてかしらと思ったら、タルトタタンというお菓子があるとか。

タルトタタンというお菓子は、型の中に、バターと砂糖で炒めたリンゴを敷き詰めて、その上にタルト生地をかぶせて焼いたフランスのお菓子。焼き上げたら、生地を下にして、リンゴを敷き詰めた方が上になるんだけど。

タルトタタンは、リンゴを使ったお菓子の代名詞と言われるくらい有名で、私も、知らずに、食べたことがありそう。それで、タルトタタンという お菓子が、楽天でもたくさん扱ってたり、タルトタタンを焼くときに使う型も売られてるみたい。

お菓子ができた話も、いろいろあって。19世紀後半、フランスの北中部、ロワール=エ=シェール県ラモット=ブーヴロンに、カロリーヌ・タタン、ステファニー・タタンの姉妹が営む小さいホテルがあって、そこで生まれたお菓子とか。苗字がタタンだから、タタン姉妹。

ホテル内のレストランで、妹のステファニー・タタンさんが、リンゴを使ったお菓子を作ろうとしたら、失敗してしまって、それで、タルトタタンが生まれたのは、どれも同じなんだけど。失敗の仕方に、いろんな説があるみたい。

アップルパイを作ろうとしたら、炒め過ぎて。それを食べられるように、タルト生地を上に入れて、フライパンごとオーブンに入れたらできたという話があったり。

リンゴのタルトを作ろうとして、型に煮詰めたリンゴを敷いて、タルト生地を入れ忘れて、失敗。姉のカトリーヌさんが考えて、上からタルト生地を入れて、焼いたらできたとか。他にも探したら、いろいろありそう。

アップルパイの作り方は、リンゴを砂糖で煮て、それをパイ生地で包んだものだけど。どうしても、イギリスとか、アメリカのデザートという印象があるかも。

フランスの家庭で、定番のリンゴを使ったお菓子だと、パイ生地を下にして、上に薄く切ったリンゴを並べて焼くものがあって。16世紀頃には、フランスのノルマンディー地方に、リンゴをまるごとパイ生地で包んだお菓子ブルドロがあるけど、やっぱり、パイ生地で包んでるし。

どんなリンゴのお菓子で、失敗したか分からないけど、失敗から生まれたのは、間違いないみたい。

オーナーは代わっても、タルトタタンが生まれたホテルが今でもあって。14室だけど、泊まれるのもすごいかも。

こんな方にオススメ
・旅行のお土産を探している方
・岩手のお菓子を探している方
・日持ちする方が便利という方
・洋菓子っぽいものがいい方

milkmanjyu01.jpg milkmanjyu02.jpg

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

タルトタタンのミルクまんじゅう 10個 送料込
価格:1999円(税込、送料無料) (2017/1/25時点)




nice!(263) 
共通テーマ:ショッピング

nice! 263