So-net無料ブログ作成

小型で軽い♪ 乾くの早くて、コンパクトでも風量もあるのに低価格な 使いやすいマイナスイオンドライヤー イオニティ EH-NE23 [お風呂 電気湯沸し器、ドライヤー 他]



どこがスゴイ?
・タテの風で、早く乾く
・コンパクトで持ち運びに便利
・軽いから、乾かしてても重くない
・マイナスイオンも出て、風量もあったり
・価格も安くて

母が良さそうなドライヤーを買ってというから ヘアドライヤー イオニティ EH-NE23
つい先日の話。母が、ドライヤーが欲しいと言い出して。しかも、その理由が、お客さんが来たときに、貸すドライヤーがないからというもの。我が家では、父や兄は、夏でも冬でも、ドライヤーを使わず、母と私は、それぞれ、自分のドライヤーがあって、自分の部屋で乾かしてて。

だから、脱衣室には、ドライヤーがない。そんな家なんだけど。最近、転勤が多い兄が、何年かぶりに自宅から職場に通うようになり、兄も家に友人を呼びたいタイプで、父もにぎやかなのが大好きだから、年内にも泊まりにくる可能性が高いとか。そこで、ドライヤーがないと困るじゃないという話に。

母は、好き嫌いも激しい、ハッキリしたタイプなんだけど、その分、欲しいものも明確。どんなドライヤーがいいのと聞くと、『軽くないとダメ』、『風量がないとダメ』、『折りたたんで仕舞えるもの』、『見た目も大事』とか。『見た目』は、人それぞれだから、難しいところだけど。

そして、マイナスイオンは、どうするのと聞いたところ、よく分からないから、どっちでもいいとも。この他には、カタチが、前に突き出してるのは、使いにくいから、コンパクトにという話も。乾かすときに、先が出過ぎてると、手が疲れるということみたいで。

まとめると、軽くて、コンパクトで折りたためて、その割りに、風量があってと、そんなところ。今回も、私が買うことになるみたいで。実家から、いろいろ送ってくるからいいんだけど、買ってあげるんじゃななく、買わされるところが気になるところ。

それはそうと、この条件に合うもので、価格も抑えてとなると、『TESCOM ione マイナスイオンヘアードライヤー TID910』、『Panasonic イオニティ ヘアードライヤー EH-NE23』、『HITACHI イオンケア マイナスイオンドライヤー HD-N1240』、『VIDAL SASSOON (ヴィダル サスーン) マイナスイオンヘアドライヤー VSD-1208/K』など。

共通してるところは、どれも、約420g~510gと軽くて、カタチもコンパクト。もち手の部分を折って仕舞えて、収納にも便利。そして、今どきだから、マイナスインは、付いてる。

この他の特徴を見てみると、『TESCOM ione マイナスイオンヘアードライヤー TID910』は、マイナスイオンが出る部分が4つと多くて、風量も強だと毎分 1.4㎥と多目で、温風温度は110℃。ドライヤーの温風温度は、どれもそうだけど、周りが30℃の場合が前提。

このドライヤーは、先にモイスチャーフードというノズルを付けることで、外の空気を巻き込んで、温風が流れてくることもできたり。

説明では、ヒーターで乾燥した風だけではなくて、外の空気も巻き込んで温風が流れるから、うるおいもあるというのが、ポイントみたいで。

これは、吹出し口に取り付ける部分で変わるから、温風だけがいいなら、外せばOK。マイナスイオンだけのオン・オフもできたり。

『Panasonic イオニティ ヘアードライヤー EH-NE23』は、マイナスイオンを温風が出る吹出し口とは別のところに取り付けてて、ターボ時の風量は毎分 1.0㎥と標準的、温風温度は高めな115℃。違いは、吹出し口で、温風をタテに2つに区切り、その周りからも温風がでるところ。

円をタテに2つに割ったような吹出し口で、風の流れを変えることで、濡れた髪をほぐしながら乾燥させるというもの。

『HITACHI イオンケア マイナスイオンドライヤー HD-N1240』は、こちらも、温風に外気を巻き込むノズルが付いてて、取り外しもできる。風量は毎分 1.0㎥、他のドライヤーに比べて、温風温度は高めな、約120℃。ヘアセットポジションに合わせると、弱で約90℃の温風に。

そして、『VIDAL SASSOON (ヴィダル サスーン) マイナスイオンヘアドライヤー VSD-1208/K』は、マイナスイオン発生装置が2つ付いてるデュアルイオン、温風と冷風を切り替えるクールショットスイッチ、風量切り替えボタン、温風の温度切り替えボタンがあるもの。

他の3つと違って、温風や冷風、風量をスイッチで切り替えるタイプ。スイッチの方が、片手で簡単に切り替えられて、髪をセットするには便利。プロ感覚で使える操作性の良さが、魅力かしら。

一通り、ポイントを見たところで、私の印象だと、マイナスイオンの多さだと 『TESCOM ione マイナスイオンヘアードライヤー TID910』、シンプルだけど温風に工夫がある 『Panasonic イオニティ ヘアードライヤー EH-NE23』、見た目がスッキリとなると 『HITACHI イオンケア マイナスイオンドライヤー HD-N1240』、髪型をキチンとセットしたりするなら 『VIDAL SASSOON マイナスイオンヘアドライヤー VSD-1208/K』という感じかしら。

性能では、どれでも良さそうなんだけど、見た目で考えると、母が好きなというところで、『Panasonic イオニティ ヘアードライヤー EH-NE23』のゴールド調に決定。早速、注文することに。

翌日には、無事、届いて。見た目が、ちゃんとしてて、しかも、重さが、430gと軽くて、ニトリじゃないけど、お値段以上な感じで。母に送る前に、試しに使ってみたんだけど、吹出し口が工夫されてて、温風が適度に広がるようなところも。

2つに分けたことで、ターボのときの温風も強めに感じられて、これだけコンパクトなのに、見かけ以上にパワフルなのが、好印象だったんだけど。

母に送ったところ、お客さん用と言いつつ、普段、自分用に使ってるみたいで、乾くのが早いと驚いてて。文句が多めな母が、満足な様子でなにより。

ドライヤーって、1回買うと、そう簡単に壊れるものじゃないから、知らなかったんだけど、5000円ぐらいはかかるんじゃないかなと思ったら、半分以下の価格でも、予想以上にいいもので、驚きました。

いろんなドライヤーがあるけど、価格差の割に、性能さはそれほどでもないんじゃないかしら。

こんな方にオススメ
・コンパクトで軽いドライヤーを探している方
・旅行や出張で、小型ドライヤーが欲しい方
・すぐに髪が乾くのが一番という方

i01.jpg

   


nice!(346) 
共通テーマ:ショッピング

nice! 346