So-net無料ブログ作成

電気でお風呂を沸かせる!空焚き防止、漏電防止付き!温泉感覚で楽しめる♪ スーパー風呂バンス1000 [お風呂 電気湯沸し器、ドライヤー 他]



どこがスゴイ?
・電気だけでお風呂が焚ける!
・熱くなりすぎないよう自動ストップ!
・ラジウム、ゲルマニウム、麦飯石など、温泉効果も!
・使い方次第で、ガスよりもお得に。

電気でお風呂!追い炊きも!温泉効果、震災時にも便利な電気でお風呂沸かし
今年に入り、25年ほど使ってた、実家のガス給湯器が故障して。メーカーに修理を頼んだところ、製品が古すぎて部品がなく、修理できないから、新しいものと交換と言われました。大型の給湯器ということもあり、工事費用など全て込みで金額が25~30万円ほど。

建物が古く、近々、建替える予定で、このタイミングでガス給湯器を新しく設置するのは勿体ない話。キッチンは瞬間湯沸かし器でお湯は使えるから大丈夫だけど、問題はお風呂。

電気でお風呂が沸かせるのは知ってたから、こうなったら、いろいろ探してみようと思って、『沸かし太郎』、『NEW湯美人 SBH-902F』、『スーパー風呂バンス1000』などが目に付いて。

電気でお風呂を沸かすときに、ポイントになるのが、熱するパワー。この3つの製品は、1000W前後で、電気でお風呂を沸かす製品では、このくらいが一般的。それでも、水からお湯になるまで、夏場で4時間くらい、冬場で10時間ほど。

浴槽の大きさとか、どのくらい水を入れるかでも、お湯が沸く時間は全然違うんだけど、このくらいの時間だと、ゆったり入るくらいな感じで。

それぞれの特徴としては、『沸かし太郎』は、ホントにお風呂を沸かすだけという機器で、ポイントは他の製品と違って、寝かせて沈めることができるから、水位が低くてもOK。

他の2つは、どちらも、お湯を沸かす他に温泉効果もあります。NEW湯美人はマイナスイオン・銀イオン・麦飯石・医王石のセラミックボールで、湯も3~7日と長持ち。スーパー風呂バンス1000は、ラジウム・ゲルマニウム・麦飯石・遠赤外線・中性除菌セラミックスボールで温泉効果が高め。

電気代については、1kWh=22円で考えると、単純に計算しやすいように1000Wとして、1時間当たり22円。冬に使うと、電気代 22円 × 10時間 = 220円が1回当たりのお湯を沸かした電気代。

毎日お風呂に入るとすると、30日間で6600円。熱で水をお湯にすると思うと、凄く電気代がかかるように思われがちだけど、計算してみると、結構、省エネ。

一般的に、ガス代の内訳は、ガスファンヒーターなどを使っていない家庭で、台所が20%、浴室が80%。もし、ガス代が、1万円以上かかっているなら、電気でお風呂を沸かした方がお得に。単純に、金額だけで見た場合だけど。

我が家の場合は、お風呂を直すのに25万円ほどかかること、お風呂が使えないとスーパー銭湯などに行くから、広いお風呂はいいけど、毎日だと、お金が結構かかる。

そこで、お風呂を焚くだけではなく、どうせなら温泉効果もある方がいいと、『スーパー風呂バンス1000』を注文。使い方は簡単で、本体を水をはったバスタブに沈めて、熱めかぬるめを選んで電源を入れるだけ。

見たところ、ボタンも少ないし、説明書は見なくていいかなと思われそうですが、いくつか注意点があり、入浴中には使用しないこと、お風呂に入りながらの追い炊きはダメ。

もうひとつは、本体をお風呂から出すときに、電源を切ってから1分以上待ってから出すこと。そして、アース線をつないでくださいとのこと。

コンセントに差し込む部分は、家庭用の普通のコンセント。その下に、アース線があり、コンセントなどにつなぐ場所があれば、もちろん、つけた方がいいけど、実家にはなかったから、何もせず。

使用中、お風呂に入れた本体から泡が出てて、シュワシュワと。電源をオンオフする部分がブーンと静かに振動。でも、全然うるさくないから、浴室のドアを閉めたらわからないくらい。

はじめは、少しでも早くお風呂を沸かそうと、バスタブの水を少なめにしてみたり。沸く時間は確かに6時間ぐらいにはなったけど、カラダを洗うことも考えると、ちょっと足りない感じかしら。

父は、温泉好きで、お湯をたぷたぶぷにして入るのだが好きだから、今では、時間がかかるのも慣れたみたいで、湯船にたっぷりのお湯で温まるから喜んでて。

この『スーパー風呂バンス1000』は、2段階だけだけど温度切り替えもあって、電源を入れっぱなしでも、どこまでも熱くなるものでもないけど、長時間使うことから忘れがち。そこで、最大11時間までのタイマーコンセント 『ELPA コード付タイマーコンセント TIM-15』(1500Wまで)も使ってて。

我が家は、ガス給湯器が壊れたことで、急いで購入したのですが、お風呂に入れないものが入れるようになり、金銭面でも、かなり重宝。

前日の朝にお風呂に入って、翌日の12時に手を入れたら、夏の沸かしていないお風呂ぐらいの温度で、4時間ほどで、ちょっとぬるいけどお風呂に入れるくらい。お風呂のお湯は、前日に沸かしていれば、ある程度、温かいから思ったよりも時間がかからない。

説明書には、毎日、お風呂の水を交換するようかかれていますが、我が家では、2~3日で入れ替えてて、それでも問題なく使えてます。

温泉効果というのも、確かにあり。お風呂に入った後に、体がぽかぽかで顔や耳が温かくて、驚きました。

足湯、子供用のプールには、本体の大きさを考えると2Lのペットボトル以上の高さの水位が必要だから、難しそう。ちょっと手間がかかるけど、大き目で深いバケツに水をはって、そこでお湯を作って、入れるという使い方はできるけど。

追い炊きができないお風呂だと、湯を足したり、冷めたお湯を捨てて入れ替えたりするけど、これ1台あると、簡単に追い炊きできて、かなり便利です。

震災向けとしても、大きな地震で、電気、ガス(市ガス)、水道のライフラインが寸断されたとき、一般的に回復する順番は、水道、電気、ガス。これは、安全性が高い順で、電気、水道と順序が変わることはあっても、ガスは一番最後。

お風呂をガスで焚いていると、お風呂に入れず大変だから。備える意味でも、電気でお風呂が沸かせると、安心感もあるし。

大きさは、思ったよりも小さくて、電源コードも長めで、電源のオンオフ部分とコンセントの差込口が離れているのも安全で良さそう。

こんな方にオススメ
・お風呂を節約したい方
・お風呂の追い炊きを手軽にしたい方
・震災時でもお風呂に入れるよう備えたい方

001.jpg 002.jpg

※本体には、過熱防止、漏電防止、空焚き防止機能もあり、安全性にも配慮した作りになっています。

  


nice!(121) 
共通テーマ:ショッピング

nice! 121