So-net無料ブログ作成
検索選択
WiMAXでネット使い放題 レンタル、据え置き ブログトップ

親戚の子が入院して テレビよりも、ネットが自由に使える方が嬉しいみたいで WIMAX レンタル 60日プラン [WiMAXでネット使い放題 レンタル、据え置き]



どこがスゴイ?
・WiMAXの60日レンタル
・Wi-Fiでつなぐと、スマホもネット使い放題♪(ギガ放題プラン)
・WiMAXと書かれているけど、届いたのは、WiMAX2+でもっと高速
・3日間で10GBを超えると、速度制限で最大1Mbpsが翌日の18時から翌々日の2時頃まで(2017年2月以降)
・スマホを使い過ぎて課金されるより、断然、お得♪
・入院、旅行、引っ越しなどで、ネットが使いたいときに便利
・往復送料込みだから、割安感もあるし

入院したときは、テレビよりもネットみたい WIMAX レンタル 60日プラン
今月に入って、すぐの話なんだけど。親戚の子が、中学生なんだけど、部活中に脚を骨折して、2ヶ月くらい入院することになって。お見舞いに行ったら、脚を動かさないように固定されて、水枕で冷やしてて、大変そう。

病室は、6人部屋なんだけど、カーテンが締められてることも多くて、出たり入ったりも多いみたい。大きい病院だからかしら、次々と患者さんが来るみたいで、状態が良くなったら、他の病室に移すとも。

私も、子供の頃に入院してたことがあって。そのときは、病室にテレビがなかったから、父が、小型のテレビを買ってきて。スマホを2つ並べたくらいの画面だから、小さいんだけど。今、思い出したら、アンテナが、車用の横向きのものだから、車載用のテレビだったみたい。液晶じゃないから、長いし、すごく重くて。

病室を見たら、テレビがあるけど、カードを買って、使うもの。1000円のカードで、16時間くらい見れるけど、2ヶ月だし。それなら、ポータブルDVDで、テレビも見れるのがいいんじゃないかしらと思って、『9インチフルセグ&ワンセグテレビ&ポータブルDVDプレーヤー PPDF-920BK3』が良さそうと見てて。

画面は、9インチで、充電でも2時間くらい見れたり。市販の映画などのDVDだけじゃなくて、家庭用ビデオレコーダーで録画したDVDも見れるとか。ポータブルアンテナが付いてて、電波が強いとワンセグじゃなくて、フルセグでテレビも見れたり。でも、電波の強さは場所によるから、屋内用の地デジアンテナが必要になるかも。でも、本体の価格を考えたら、それでも、お得感がありそう。

私が入院してたときは、テレビをよく見てたから、次のお見舞いに、買って持っていこうと決めて。注文しようと思ったら、急に、ホントに喜ぶかしらと気になり始めて、メールで本人に聞いてみたら、『テレビは、あんまり見ない』と言われて、びっくり。それよりも、通信制限が、すぐ来て、インターネットが使えないと困ってて。

それで、長い旅行のとき、インターネットを使い放題で使うために、WiMAXをレンタルしたりもするから。それなら、WiMAXをレンタルと思って、2ヶ月間だから、60日プランを調べたら、あまりやってるところがなくて、楽天の88MOBILEさんに注文。

届いたのが、下の写真。左が、届いた時の箱で、右は、中身と送り返すときの封筒。16時までの注文で、即日発送だから、翌日には届いてて。注文したときに、注文内容ご確認の自動配信メールが届いたけど、その後、発送しましたというメールはなかったから、大丈夫かしらと思ってたけど、すぐに届きました。

届いたものを見たら、WiMAXと書かれてるけど、WiMAX2+で、ハイスピードエリアモードとハイスピードエリアプラスモードの2つのモードが選べるもの。プランは、ギガ放題。故障とか、紛失したときのために、有料の故障安心サービス(600円)も申し込んで。

ハイスピードエリアモードだと、3日間で10GBを超えたら、通信制限がかかって、しばらくしたら、それが解除されての繰り返しで。ハイスピードエリアプラスモードだと、1ヶ月間で、7GBを超えたら、月末まで通信制限がかかるから、そこが気を付けないといけないところ。

ハイスピードエリアモードなら、通信制限がかかっても、2017年2月から制限が緩和されて、最大1Mbpsくらいは出てるとか。それが、翌日の18時から翌々日の2時頃までで、それを過ぎたら、解除。通信制限がかかったときの最大1Mbpsも、最大だから、混雑してたり、電波環境で、違いも大きくなりそう。

ハイスピードエリアプラスモードになると、1ヶ月単位だから、1ヶ月間で7GBを超えたら、通信制限が月末まで続いて、通信速度が出ないまま。こうなったら、途中で、ハイスピードエリアモードに切り替えても、通信制限は変わらないから注意が必要。

なんで、ハイスピードエリアプラスモードがあるかなんだけど。このモードにすると、WiMAX2+の電波が入らないところでも、LETを使って、使えるようになるから。LTEを使うと、WiMAX2+が使えないところで使えて、通信速度も高速になるけど、その分、月に7GBまで。動画などを見ないで、メールをチェックしたり、検索したりするくらいなら、7GBを超えないからいいのかも。。

先日、WiMAXを持っていったんだけど、ネットが使えるようになったら、すごく喜んでて。YouTubeで、毎晩、人気のユーチューバーさんの動画を見るのが習慣みたいで、それで、いつも通信制限が早く来るみたい。LINEも、よく使ってるみたいだし、ゲームアプリもやってるし、テレビよりも、ネットが使いたいというが、今どきみたい。

ユーチューバーさんの名前を言われても、私は、全然、分からないし、ジェネレーションギャップを感じて。

こんな方にオススメ
・入院、旅行、引越しで、ネットを自由に使いたい方
・必要なときだけのレンタルが一番という方
・どんな時でも、ネットが十分使えないと不便と感じる方
・スマホの使い過ぎが気になる方

rentalwimax01.jpg rentalwimax02.jpg






nice!(265) 
共通テーマ:ショッピング

引越し・出張でも、手続きなしで普通にネットを使いたい! Biglobe WiMAXが意外と早くて、下り 14Mbps弱も、これなら快適♪ [WiMAXでネット使い放題 レンタル、据え置き]

w00.jpg

どこがスゴイ?
・どこでも使えて、引越しでも持っていくだけ♪
・細かい設定も不要 有線なら電源を入れてOK
・月額料金が、光よりも安くて
・据置きタイプは、感度が良さそう!

引越しでネット接続の住所変更が面倒!Biglobe WiMAXが意外と早くて、大満足♪
このブログでも、何度か書いてたけど、今月12日からの3連休を利用して、予定通り引越しました。引越しは、物凄く大変で、モノを増やさないようにとは、いつも思ってるんだけど、結構、買っちゃうタイプで。このブログでも、買ったモノについて書いてるんだけど、全部書いてないから、ホントはもっとあったり。

引越しは、これまで何度もやってるんだけど、その都度、引越し屋さんを変えてて、感じたことがいろいろ。利用しての個人的な感想としては、担当者の良し悪しもあるけど、『クロネコヤマト』と『アート引越しセンター』が、やっぱりキチンとしてて。

クロネコのときは、作業が丁寧で、近くに大きなトラックが置けなくて、すぐに、軽トラックを用意し、気持ちよく引っ越しが進められて。アート引越しセンターは、新築の建物に引っ越すと話たら、当日、新車のトラックで着たりして、気が利いてて。

それに比べると、『引越しのサカイ』は、値切らないと普通の値段にならないというか。最初に高めに提示されて、値切るんだけど、その場で決めるならという圧力が凄くて。

でも、最後の価格が、他の大手と大きく違って激安という感じでもなく、ダメ押しで値引きしてもらってそれだと、ちょっと。しかも、相手を見て、値段のギリギリのラインが違う印象もあって、他も多少、そういうところがあるのかもしれないけど、その落差が大きいかしら。

たまたまかもしれないけど、私のところにきた担当者は、革靴だけどロッカーみたいに尖ってたり、やんちゃな人のような髪をしてたり、それもあって、印象が悪いかな。

家電が壊れたときの保障のために、ちょっとだけどお金を出したりして、荷物を運んで壊れた場合は、運ぶ業者の責任だから、それに依頼人がお金を出して保険を掛けるのはおかしいような。クロネコとか、アートでは、こういうのないんじゃないかな、薦められたことがないし。

『はとのマーク』も、あまりいい印象がなくて、当たった担当者がたまたま悪かったのかもしれないけど、下請け業者の方?というような不慣れな感じで、荷物を忘れて来たり、届いたものが壊れていたりして、ただでも、引越しは面倒なのに、手間が増えて大変だった記憶も。

引っ越し屋さん話になっちゃったけど、引越しで大変なのが、インターネットを引越し先で使えるようにすること。今まで、光を使ってたんだけど、引越し先で光ケーブルがないと、配線から始めることになって、しばらく、ネットが使えなかったり、面倒なもの。

そこで、今回は、光をやめようと思って。考えてみると、光は高速回線だけど、ネットで検索したり、YouTubeを観たり、ネットを普通に使うくらいなら、いらないかもとも。そんなに大容量のデータをダウンロードしてという感じでもないし。

それなら、引越しする度に、光の契約をやめて、他のプロバイダーにしたり、転居先に手続きし直したりする手間がない、無線でどこでも使えるWiMAXの方がいいんじゃないかしらと思い始めて。

WiMAXは、無線でネット接続するもので、スマホの半分もないような大きさで携帯して使うもの。スマホとかモバイル端末と組み合わせて、例えば、iPhoneとか、iPadで、そのままネットに接続して、使い放題で使うと、月額5000円以上かかるけど、それに、WiMAXと組み合わせて、WiMAXでネット接続して、それを経由して、iPhoneなどを使えば、使い放題でも、プロバイダーによって値段は様々だけど、2000円~4000円ぐらいで済むから、節約にも。もちろん、単体でネットに接続できない、ネクサス7とか、キンドルも、これを使えば、屋外でもネットが使える。

通信速度では、スマホでネット接続だと、ダウンロードの最大で3.6Mbps。最近話題のLTEだと、最大75Mbpsだけど、通信速度に制限がって、携帯3社 ドコモ、au、ソフトバンクで、3日で1GBを超えたり、1ヶ月で7GBを超えると、通信速度が格段に落ちちゃう。この制限の解除するためには、2GB増やすごとに追加料金がかかったり、それも、不自由な話。

それに比べると、WiMAXは、制限もなし。2007年頃から、本格的にサービスが開始されて、利用に必要なアンテナもあちらこちらに設置されてて、街の中で使うには環境が整ってるところ。環境が整ってるということは、電波の強度も強くて、ある程度のスピードで安定して通信できるということにもなるんだけど。

携帯で使うWiMAXだけど、環境が良くなったことで、自宅でも使う人が結構いて、WiMAXの機器も、自宅向けに据置きタイプもあり、これが、感度が持ち運びタイプに比べていいとか。

それなら、割高で、引越しする度に面倒な光はやめて、どこでも使えるWiMAXがいいじゃないという結論に。早速、どこのプロバイダーに頼もうかしらと、いろいろ調べてみることに。

UQコミュニケーションズが、無線通信事業を行なっていて、WiMAX網を持ってて、UQ WiMAXと契約すると直接サービスを提供されることになるから、ここと契約すると通信速度が速いという意見もあるけど、これにはちょっと疑問も。

他の大手インターネットプロバイダーは、WiMAXのサービスを提供するために、UQコミュニケーションズのWiMAX網を契約して借りるカタチでサービスを提供してて、でも、ネットの接続は、WiMAX網だけで話が終わらないし、UQ WiMAXでも大手プロバイダーと同じように、ネットに接続させる部分もあるから、結局、加入者数と回線の太さがポイントじゃないかしら。

いくら回線が太くても、その分、加入者がたくさんいれば、結局、通信速度は上がらないし、快適に使うとなると、回線が太いのに加入者が比較的少ないところが、良さそうという話に。そうなると、回線の太さで考えると、大手プロバイダーが無難ということにも。

もう1つ、UQ WiMAXに契約しにくいと感じる部分に、1年契約で月額 3880円は、普通の金額なんだけど、この他、大手プロバイダーには必ずある キャッシュバックとか、タブレット端末プレゼントなどの特典がなくて、正直、面白みがないかな。

そこで、3つの大手インターネットプロバイダー 『Biglobe ビッグローブ』、『@nifty ニフティ』、そして、『So-net ソネット』のどれかにしようということに。ちなみに、どれも、ダウンロード、下りは最大40Mbpsで使い放題。

『Biglobe ビッグローブ』は、申込手数料が3,150円で、月額利用料はサービス開始月の翌月から 3,801円。契約期間は1年で、キャッシュバックが7000円。2年使うとさらに1万円のキャッシュバックもある。

『@nifty ニフティ』は、過去にサービスを利用したことがなければ、申込手数料なし。月額 3,853.5円で、1円以下まであるのが凄いんだけど。この料金の内訳は、Flat年間パスポート利用料 3,591円、nifty基本料金 262.5円。ニフティのサービスを利用してて、nifty基本料金をすでに払っている状態で、WiMAXの契約をすると、サービス開始月から料金が取られる仕組み。

WiMAXの契約プランには、『7インチタブレット端末+WiMAX モバイルルーター』と『WiMAX モバイルルーターのみ』に別れてて、『WiMAX モバイルルーターのみ』のプランには、11,901円のキャッシュバックあり。

『So-net ソネット』は、登録手数料無料、月額3,800円。ニフティもそうだけど、モバイルルーターとクレードルがセットで無料。キャッシュバックは、2万円なんだけど、最低利用期間が2年間。

私が利用しようと思っているのは、自宅に据置きでWiMAXを使うこと。街中では、かなり電波が強いけど、家の中だといろいろだから、お試しなところで1年契約。

そして、ネクサス7があるからタブレット端末は必要なくて、もし、予想外に良かった場合、契約を続けるかもしれないことを思うと、2年のキャッシュバックで合計1万7,000円の『ビッグローブ』がちょうどいいかしらということに。

早速、契約して、4日ほどで到着。下の写真が、ルーターなんだけど、据置きということで、『AtermWM3450RN』にしました。ビッグローブがNECだから、ルーターもNECかなと単純に。

届いたのが、ホントにこの箱だけで、後は、アダプターをコンセントに差し込むだけ。どのくらいかしら、1分ぐらいだと思うんだけど、勝手に接続して完了。後は、二つある LANケーブルの差込口に挿して、パソコンとつなぐだけ。あまりに簡単で、ビックリ。本体の後ろにある SSIDとパスワードを入力すれば、タブレット端末でも問題なく、ネクサス7でもOK。

このホームルーター、説明書では、有線LANで接続するときは、本体の横にあるWLANというスイッチをオフにしてと書いてるけど、これは、有線LANだけで使うとき。有線LANで使いながら、無線で複数のタブレット端末などでも使うなら、ここはオンのまま。有線LANが2つ、無線が10台の計12台まで同時接続が可能とも。

ここからが、無線でネット接続するからなんだけど、同じ窓際でも、電波の強さが結構違ってて、私の場合、建物の2階に引っ越したんだけど、北東の窓際がアンテナが全部立つほどの状態で、西側は立ってもアンテナ二本ぐらい。家の中心だと感度が下がるから、やっぱり窓際が一番みたい。

ネットで、通信速度を調べたところ、調べサイトで違いはあると思うけど、ダウンロード速度が13.90Mbps、アップロード速度が6.23Mbpsとか。思ったよりも早くて、これだと、今まで使ってた光が、ダウンロードで30Mbpsぐらいしかでなかったから、この半分弱に迫るくらい。

このくらいの通信速度があると、普段使いなら、全く問題ないし、かなり余裕があるレベル。凄いネットゲームでもしない限り、全然、普通に使えるんじゃないかしら。

引越しを手伝ってくれた友人が、WiMAXのモバイルルーターを持ってて、プロバイダーは違うんだけど、同じWiMAXだからと同じ場所で使い心地を調べてみたら、据え置型のホームルーターの性能かしら、それとも、プロバイダーが良かったのかしら、どちらのルーターもアンテナはマックスなのに、ネットを使ったときの反応が、ホームルーターの方が断然早い。

WiMAXを実際に使う前は、光じゃないし、無線だから、3Mbpsぐらいでも上出来じゃないかしらと思ったら、予想外に通信速度が速くて、大満足。

引越しすると突然、周りの環境が変わって、慣れるまで時間がかかるし、ちょっと不安もあるけど、こういう思ったりもいい事があると縁起も良さそう。

後、もう1つ試したのが、ホームルーターに有線LANで別のルーターをつなげて、そこからパソコンに接続してみて、ネットを使うときのスピードに変わりはないのかなと思って試してみたら、当たり前かもしれないけど、直接つないだ方が、やっぱり、早いみたい。

私の場合、引越しがキッカケで、光からWiMAXに移ったんだけど、住んでるところが街中で、WiMAX網の整備が進んでるような地域なら、乗り換えてみる価値はありそう。月額料金も、光に比べれば4割ぐらい安くなるし、月々、決まってかかる料金で、これだけ下げられると、年間でみると結構大きな金額。

こういうネット契約って、一度すると、面倒だから続けてしまいがちだけど、今どきのサービスは以前とは違うし、お得な特典とか、機器が新しいとネットのスピードも違うから、1,2年に1回ぐらいは見直してみるのもいいのかもと、改めて感じるところ。

こんな方にオススメ
・引越しが多く、ネットを気軽に使いたい方
・光の配線工事などが面倒な方
・電話線や光ケーブルなしで、ネットが使いたい方
・スマホやPC、タブレット端末のネット利用料が気になる方

w02.jpg w03.jpg

Biglobe ビッグローブ


追記:

最近、ソネットで、一般向けの光で世界最速プランも登場。私の使う範囲だと、そこまではという感じ。でも、高画質の有料動画とか、光TVを観てる人には、便利そうけど。



nice!(319) 
共通テーマ:日記・雑感

フレッツ光は止めて、WiMAX! 今なら、ネクサス 7が無料で付いてくる♪ まずは、電波を調べて 無料のTry WiMAXレンタル [WiMAXでネット使い放題 レンタル、据え置き]

どこがスゴイ?
・受信状況が無料で分かる♪
・15日間は無料で使える!
・自宅に届いて、自宅から送り返せる♪

配線不要、屋外もOK♪ 無線でネットするWiMAXで十分かも!とりあえず、自宅の電波状況を無料でチェック
今月に入って、改正著作権法が施行されて、今までは、著作権のある音楽ファイルなどを無断でアップロードしちゃダメから、さらに、ダウンロードしてもダメって話に。ちなみに、ダウンロードでは、2年以下の懲役または200万円以下の罰金とか。

この法律ができて、頭を抱えているのは、違法に市販されているゲームとか、音楽ファイルとかをファイル共有ソフトでダウンロードしたりしてた人達。

私自身は、そういう使い方はしないから、別にこの法律ができてもと特に関心はなかったんだけど、これが、YouTubeなどで音楽PVを視聴するのもダメという話が。

確かに考えてみれば、音楽動画のPVなどの視聴も厳密に言えば、ダウンロードして視聴しているんだから、ダメと言えばダメなのよね。

これは、簡単に言うと、一時的にパソコンにダウンロードして、それを再生するカタチで観てるから。何でこういうカタチにしているかというと、ダウンロードしないで、直接、パソコンで視聴する方法もあるけど、それだと、動画データを流しているサーバーの方が大変で。

ダウンロードして観れるタイプだと、一方的にパソコンにデータをダウンロードさせてしまえば、後は、そこから再生するだけで、比較的短い時間で完了できるのがポイント。

一方、ダウンロードしないで観るタイプだと、観てる時間と同じだけデータを流し続けるから、回線がその分ふさがるし、それだけサーバーも負担がかかるし。不特定多数に配信するとなると、かなりのパワーがサーバーに求められて、もちろん、コスト面でも断然大きくなっちゃう。

だから、不特定多数に動画を配信するサイトは、ほとんど、パソコンに一時的にダウンロードさせる、プログレッシブタウンロードを使ってるの。

ま、それはそうと。YouTubeも問題となると、四六時中、動画を観たりはしないけど、たまに、カラオケに行かなきゃいけないときに、曲を探したりはしてて。それがオフィシャルな音楽PVなら視聴は問題ないけど、探してるうちに、他のも気が付いたら観てたり。じゃ、ハッキリ違法なんだから、動画サイトは観るのやめよう~と。

それなら、今、自宅のひかり回線もやめちゃおうかなと思ったのが、今回のキッカケ。配線不要で無線でどこでもネットが使えるWiMAXでもやってみようかしらと。

もともと、私が契約してるのは、ビッグローブのフレッツ光。引越しはしてるけど、移転扱いだから、契約は数年前から、確か当時のプランでは、上りと下りで100Mbpsだったかしら。

常に100Mbps出れば、かなり快適だけど、それは理論上の話で、データを呼び出す際のサーバーの性能とか環境とか、こちらの回線状況でも違うから、実際は、そこそこ。

オンラインゲームのダウンロードで、3GBとか、大容量だと回線の早さが実感できるけど、普通にネットにアクセスしてサイトを見る程度なら、そこまでしなくてもという気が。使用料は、月額7000円弱。

『bps』は、『ビットパーセカンド』。1秒間に何ビットのデータがという話で、8ビットが1バイト。だから、例えば、1GB(ギガバイト)のファイルを8Gbps(ギガビットパーセカンド)なら、1秒で受信できるということに。そんなの実際には、ないけど。

WiMAXは、上りが15Mbps、下りが40Mbps。光と比べれば、ダウンロードとアップロードが低いと感じるけど、実際のスピードが下りで1/10だったとしても、サイトを見る程度どころか、動画も一応観れるレベル。それよりも、携帯端末と外出した先でも使えるというのは、何よりの魅力で。

今回、WiMAXにしたい理由には、もう一つあって、ニフティがキャンペーン中で、Googleの携帯端末 ネクサス7と外出先でもバッテリーで使えるモバイルルーターのセットが、回線使用料も込みで月額3,980円~というプランがあって。

ネクサス7も、そのうち買おうかなと思っていたところで、これで、光回線を解約して、どこでも、WiMAXでつないで使えるなら、快適じゃない!と。

引越しで面倒なのが、契約の手続き。まる一日でも、ネットが使えないと気分が悪いから、ネットだけでも、どこへ行っても、その日のうちに、いつものように使えれば、こんな便利なことはないです。iPadもあるけど、パソコンじゃないと、やり難いこともいろいろあるし。

最近、話題の高速回線のLTEもあるけど、まだまだ始まったばかりで、カバーするエリアが限られてて、それなら、始まって大分立ってるWiMAXの方がいいかなとも。

問題は、LTEでもそうだけど、自宅でもWiMAXの電波がどのくらいで受信できるかということ。無線の場合、電波の強さは重要で、全くダメなら使えないし。

ということで、とりあえず、『Try WiMAXレンタル』で自宅の電波状況を調べることに。これは、無料で15日間、WiMAX機器を借りることができて、自宅で使ってみて実際のスピードを確かめることができるというサービス。

もちろん、送り返すのも無料。自宅に届いて、佐川急便に集荷をお願いすれば、自宅にいながら、送ることも可能。その他、ゆうパックの返送用伝票(着払い)もあり、郵便局やコンビニから送るのもOK。

まずは、WiMAXが使えるかどうかが分からないとどうにもならないから、早速、レンタルを申し込み。住所氏名の他に、紛失した際などのために、クレジットカードの登録も必要。

金曜日の夜に申し込んで、日曜日には佐川急便で到着。箱の中には、本体のセットの他に、ゆうパックでも返送できる伝票が入ってました。思ったよりも、対応が早くで驚き。

では、早速、モバイルルーターのスイッチを入れてみたところ、ランプが赤く、電波が弱いということに。いつもいる部屋の窓際で、ギリギリオレンジランプで中程度にはなるものの、後は、どの部屋でも弱。

使った機器が、『URoad-7000SS』と2年以上前に発売された製品だから赤ランプだけど、最近のモバイルルーターなら、もう少しいいのかしらとも。電波が弱い環境でも快適に通信できるという 『WiMAXハイパワー』対応の『AtermWM3600R』とネクサス7のセットの方がいいのかしらと悩むところ。

2009年のITproの記事では、WiMAX端末の接続スピードを検証したものがあり、電波が弱でも3Mbps以上のスピードが出て、電波状況が良ければ15Mbps出たというから、今どきのモバイルルーターなら良さそうな気が。

ネクサス7とモバイルルーターを別々に買ったり、契約すれば割高になるし。ニフティのキャンペーンは、今月末まで、どうしようかしら。

それにしても、この『Try WiMAXレンタル』というサービス、全くお金がかからずに、実際にレンタルで試しに使えるんだからスゴイ。

こんな方にオススメ
・実際にWiMAXを試したい方
・家電量販店で機器を借りるのが面倒な方
・実際、WiMAXを使うか迷ってる方

01.jpg

Try WiMAXレンタル』では、いくつかのWiMAX機器やデータ通信カードが用意されてて、それを選択するカタチで無料で借りられます。

借りられるタイプの中には、ヤマダ電機など家電量販店に実際に行ってしか借りられるものもありますが、行くのも面倒だったのと、そこで借りると、契約しないと気まずいので、私はネットにしました。

15日間、無料で借りられて、実際に、ネットのスピードも確認できるから、WiMAXのエリア内だけど大丈夫かしらという方は、試してみる価値はあると思います。

Try WiMAXレンタルを使用すると、商品が届いて、1週間ぐらいで無事に届き利用出来たかどうかの電話がきます。このときに、問題なく使えたら、自社プランを宣伝するようです。

もし、他社プランを契約するために、試しに使い、はっきりと宣伝を断るのが悪いなと思う方は、『電波状況が弱だったとか』、『ほとんど使えませんでした』と言えば、セールストークなしに話が終わります。

WiMAXは、たとえ、エリア内だったとしても、建物の作りや構造などで電波が入り難かったりもするため、電波が弱いと言われると、それ以上、話を進めることはありません。
nice!(185) 
共通テーマ:ショッピング
WiMAXでネット使い放題 レンタル、据え置き ブログトップ