So-net無料ブログ作成
検索選択
健康管理 血圧計、活動量計 他 ブログトップ

気軽に測れて、数値も信頼できる 血圧計 面倒臭がりで高血圧な母のために、手首や腕に巻くタイプに続き テルモ 電子血圧計TERUMO アームイン・プラス血圧計 ES-P2000BR [健康管理 血圧計、活動量計 他]



どこがスゴイ?
・左でも右でも、腕を入れるだけ♪
・正しい姿勢だから、数値も正確
・腕を入れるタイプでは、低価格
・日々使うものだから、正確が一番

高血圧な母のために、結局、このタイプが一番良くて テルモ 電子血圧計TERUMO アームイン・プラス血圧計 ES-P2000BR
私の母は、高血圧で、大分前から、病院にも通ってて。高血圧も酷くなると、食生活や生活習慣を気をつけたり、結構、大変なんだけど、私の母は、面倒くさがりで、毎日、測ってる血圧でさえ、適当に付けてたり。

私が言っても、言う事を聞くタイプでもないから、仕方ないんだけど。そんな母が、数日前、体がだるくて、体がやっと動いてるくらいと言い出して。そこで、血圧を測ったところ、正常値よりも低くて、血圧の上が、100ほどで、下が、70もないくらい。

ビックリするような変な数値でもないんだけど、普段、血圧が高い母には、この数字が異常に見えたみたいで。それが、そのときだけの話じゃなくて、その後、血圧が毎回低め。

もちろん、食生活や生活習慣を改めたりもしてなくて、急に低めになったのがおかしいとか。今、愛用してる血圧計が、10年ほど前に、父がゴルフコンペの景品か何かで貰ったような古いもので、それが、壊れてるんじゃないのということに。

このブログでも、以前に、手首で測る血圧計をプレゼントしたという話を書いたけど、手首で測れる血圧計は、凄く便利なんだけど、使うときに、心臓近くに手を置かないと、正確に数字が出なかったり。手首の位置で、数字が上下するから、私の母のような、いい加減なタイプには、向いてないみたいで。

家庭用では、定番の腕に巻いて、血圧を測るタイプが多いけど、これも、きちんとした位置で測る必要があって。腕の角度とか、巻いてる位置とか。測る位置の正確さは、求められるところも。

それに比べると、腕を入れるタイプは、血圧計としては、大きさはあるんだけど、測るときの姿勢や位置も、常に同じになるから、数値にも正確さがあって。しかも、巻く手間もないから、気軽に測れて、毎日測るなら便利なもの。

実家では、腕を入れるタイプも使ってて、『テルモ アームイン血圧計 ES-P2000B』なんだけど。結構、便利に使ってて、良かったんだけど、介護のために、祖母の家に、母が一緒に住んでいた頃があって。祖母が亡くなって、自宅に引っ越して、戻って来たときに、それを無くしてしまったとか。それが、どこを探しても見つからなくて、それ以来、腕に巻くタイプを使ってたみたいで。

そんな話を聞いたものだから、それじゃ、私がプレゼントしないとと思い、腕を入れるだけの血圧計を探すことに。いろいろ調べてみると、この腕を入れるだけの血圧計、他の血圧計に比べて、ちょっと値段は高そう。

人気があるものだと、『テルモ 電子血圧計TERUMO アームイン・プラス血圧計 ES-P2000BR』、『テルモ 上腕式電子血圧計「らくらくスルー」 ES-P3000N』、『オムロン(OMRON) デジタル自動血圧計スポットアーム HEM-1010』、『デジタル自動血圧計OMRON スポットアーム 型番:HEM-1025』など。どの血圧計も、乾電池でも、アダプターでも使えるタイプ。

『テルモ 電子血圧計TERUMO アームイン・プラス血圧計 ES-P2000BR』の大きな特徴は、病院で医師が血圧を測るときと同じ方法で測っていること。リバロッチ・コロトコフ法という方法なんだけど、圧力をかけたりしたときに、変化する血液の流れで血圧を測るもの。

医師が、血流を聞くために聴診器を当てるように、高感度マイクが内臓されてる。この高感度マイクが、右手用にも、左手用にも取り付けてあるから、どちらの腕でも血圧は測れる仕組み。

『テルモ 上腕式電子血圧計「らくらくスルー」 ES-P3000N』は、こちらも、血圧の測り方は、医師と同じ、リバロッチ・コロトコフ法。これも、両腕で使えるタイプ。大きな違いは、腕を通す部分が、筒状になってて、それを外して、腕に通すというもの。例えるなら、腕に巻いて膨らむ部分を、巻かないで通すだけにしたようなもの。このタイプでは、比較的、コンパクト。

『オムロン(OMRON) デジタル自動血圧計スポットアーム HEM-1010』は、血圧の測り方は、圧力をかけたりしたときに、変化する脈拍の変化で測定するオシロメトリック法。こちらの方が、血圧計では、一般的。1週間の朝血圧と夜血圧の平均が、ボタン一つで確認できて、朝の血圧が高い 早朝高血圧の発見や確認に便利。

『デジタル自動血圧計OMRON スポットアーム 型番:HEM-1025』も、血圧の測り方は、オシロメトリック法。こちらも、朝晩の平均を表示できるボタンもあり。他との大きな違いは、本体をUSBでパソコンと繋ぎ、測った血圧のデータをパソコンに取り込み、閲覧できること。

それには、グラフ表示できたり、メモ欄もあるから、変化が分かりやすくて、健康管理に便利。オムロンのウェルネスリンクに、無料だけど会員登録が必要。保存できる期間が直近の半年間で、有料会員になると、さらに保存されるデータの期間が伸びるとか。ネット上で、データを管理するみたいで、スマホのアプリからでも、データが閲覧できたりも。

もちろん、ウェルネスリンクを使用しない場合でも、普通の血圧計としては使えるんだけど。パソコンを使ったり、スマホでも情報が見れたり、気軽に健康管理できるのが特徴だから、これが使いこなせる人には便利という感じ。

まとめてみると、シンプルに正確に測れればとなると 『テルモ アームイン・プラス ES-P2000BR』、自由な姿勢で血圧を測るとなると 『テルモ らくらくスルー  ES-P3000N』、朝晩の血圧の平均も分かればとなると 『オムロン スポットアーム HEM-1010』、パソコンやスマホ使って、きめ細かい健康管理だと 『オムロン スポットアーム HEM-1025』という感じ。

翌日には、無事届いて、下の写真が、『テルモ アームイン・プラス ES-P2000BR』。見た目は大きいけど、持ち運びに困らない重さで、ひじを載せるところは、折りたためるようにもなってるんだけど、ひじを載せる部分には、大きい目印と『ひじ』の文字も。ここにひじを付けるように腕を入れると、正しい姿勢に。

10年以上も前のもので、数値が正しいか怪しいという血圧計が下にある、腕で測る定番のタイプなんだけど、それに比べると、腕を圧迫するときの音が、今どきなのかしら、凄く、静か。母は、早朝と夜に血圧を測るんだけど、以前、実家に帰ったとき、朝、血圧を測る音、ポンプで空気を吸い込むときの音が、結構、大きいから気になってたけど、これだと、それが気にならないくらい。

私の母は、説明書を読むのが大嫌いで、読んでも頭に入らないタイプなんだけど、そんな母でも、全く戸惑うことなく、血圧が測れて、母には、簡単過ぎるぐらいの方が、ちょうど良くて。二人分まで、測った血圧の数値が保存できるんだけど、その切り替えが、ボタンではなくて、スイッチをスライドして切り替えるから、ここら辺も、間違い難くて良さそう。

血圧を測るときに、よく、服を着たままでいいのか、服を脱いだ方がいいのかしらという疑問があるんだけど。母は、服を抜いて、血圧を測ってたんだけど、寒い時期になって、病院では、服を脱がないで血圧を測っていることに気が付いて、最近は、服を着たまま。

私も、腕をそのままのときと、薄手の服を着たままで、測り比べてみることに。ジャージだったんだけど、1回目は、上が同じ、下が1少ないだけで、ほとんど同じ。何回か測ってみたけど、大きな差はなくて。薄手のジャージとか、肌着とか、シャツくらいだと、脱がなくても大丈夫。セーターくらい厚手になると、数値に違いが出て、このくらい厚くなると、上手く測れないみたいで。

血圧計を新しくしたら、数値も正確になって、母が血圧に興味を持ったみたいで、今どきの血圧の本が欲しいとか。それで、今、どんな本が、良さそうか調べてて、来週中には、買おうと思ってるんだけど。

母を見ていると、今までは、実際は、もうちょっと低いんじゃないかしらとか、この血圧計がおかしいということで、まともに受け止めてなかったんだけど、この血圧計は、医師が聴診器を当てて測るのと同じ方法と話したら、深刻に血圧の数値を考えるようになって。

今まで、高血圧でも、何も気にしないで生活してたから、血圧計の数値がより正確になったことで、体調を気にするようになって、良かったみたい。

こんな方にオススメ
・血圧を正確に測りたい方
・簡単に血圧を測りたい方
・使える範囲で正確にという方

k01.jpg k02.jpg k03.jpg

   


nice!(323) 
共通テーマ:ショッピング

どのくらいカラダを動かしたか、24時間グラフで分かりやすい!タニタ(TANITA) 活動量計 カロリズム AM-120 [健康管理 血圧計、活動量計 他]



どこがスゴイ?
・1日当たり、どのくらいカラダを使っているかが分かる!
・運動へのモチベーションが上がる!
・24時間、1時間毎のグラフ表示ができる!

24時間の消費カロリー!何時頃にどのくらい?グラフで分かりやすい!
小食だからと、とくに気にすることなく、好きなように食べていたのですが、どうも最近、服を着たときにウエストがきつくて。歳を取ると、だんだん太りやすくなるみたい。

日常生活の他に、特別にカラダを動かすことは、Wii Fit Plusをするくらい。体重の推移とか、運動後の消費カロリーは分かって、カラダにはいいけど、何かあると2,3日やらなかったり、なかなか毎日は続かないです。

そこで、全部まとめて、1日当たり、どのくらいのカロリーを消費しているか分かれば、食べる量も控えるはずと、24時間でどのくらいカロリーを消費するかが分かる活動量計を買うことに決めました。

消費カロリーにあわせて食事を考えたり、逆に、これだけたくさん食べたから、カラダを動かさないととか、いろいろいい刺激になるんじゃないかなと。

活動量計では、タニタのカロリズム シリーズが一番人気。カロリズムといっても、いろんなタイプに分かれてて、コンパクトでも大きな画面で見やすい『カロリズム』、決められた時間ないの消費カロリーも計算できる『カロリズム スマート』、基本機能にしぼった『カロリズム BASIC』、女性向けでホルモンバランスも考慮したダイエットプランを作る『カロリズム LADY』、ダイエットプランを作成する 『カロリズムダイエット』。

どれも、24時間、カラダの動きの他に安静時も計算した消費カロリー、脂肪燃焼量を表示。何時頃にどのくらいカラダを動かしたかのグラフ、歩数も表示される。後は、タイプによって、ダイエット向け、一定時間の消費カロリーを別に計れたりするというもの。

この他、ジョギングなど激しい運動向けでは、『シチズン 活動量計 スポーツウォーカー TR10-OR』、『オムロン 活動量計 Jog style HJA-300』などもあり、生活スタイルに合わせて選べます。

私が買ったのは、細長くてコンパクトな『カロリズム』。見た目がスッキリしてて、表示画面も大きく、どうしても、24時間、何時にどのくらいカラダを動かしたかが知りたくて、グラフはやはり欲しいです。

ベーシックとの違いとしては、こちらは、安静時の何倍のカロリーを消費しているかのMETs(メッツ)が表示できます。

3週間ほど前に買ったばかりなのですが、カロリズムは、ジョギングだと誤差がでるという話もあったので、カロリズムの歩数計を見ながら競歩ぐらいの速さで歩いてみました。

はじめ、早足してるのに、カウンタが止まり、このくらいでダメなのと思ったら、しばらくして、歩数が一気に加算、大丈夫と一安心。

いろいろ試したのですが、日常生活とは違う、運動っぽい動きも意外とちゃんと反応してて、私が使う範囲では問題なく、良さそうです。

はじめは、高機能な万歩計ぐらいにしか思ってなかったのですが、安静時の消費カロリーも計算してて、24時間のグラフで出ると、カラダを動かそうというモチベーションが物凄く上がります。

何かをやった後に、結果が分かるとそれが気になるのと同じで、常に活動量として結果が表示されると、このままではいけない、何かしないとという気になるから不思議です。

運動不足が気になる方には、活動量計は運動の動機付けにもなって、結構、役に立つ優れモノです。

こんな方にオススメ
・1日の運動量が気になる方
・毎日適切に健康管理したい方
・運動のモチベーションを上げたい方

※カロリズムのCR2032 リチウムコイン電池は、ちょっとしたお店でも扱われていて、広く販売されていて電池で、手に入れやすいです。

   
  

nice!(123) 
共通テーマ:ショッピング

誤差が少なく、いつでも簡単に血圧が測れる手首式血圧計 NISSEI 手首式血圧計 WS-1300 [健康管理 血圧計、活動量計 他]



どこがスゴイ?
・コンパクトで携帯に便利、いつでも測れる!
・服を脱いだり、まくる必要もなく、簡単に測れる!
・手首式でも誤差が少ない!

手首でいつでもどこでも簡単に測れる!便利な手首式血圧計、高さの違いは...
高血圧で薬を飲む母が、よく腕で血圧を測るのですが、夏のように着ているものが半そでなら簡単なのですが、厚着をする冬になると脱ぐのが面倒と、そこで、母の日に手首式の血圧計を買いました。

人気のあるものは、NISSEIだと『手首式デジタル血圧計 WSK-1011』は、画面大きくタッチパネル、正確に脈波信号を検出するエムカフ搭載。

『NISSEI 手首式血圧計 WS-1300』では、測定する際に、適切な姿勢を知らせるガイド、不規則脈を知らせる機能も付いている。NISSEIは、どちらも、二人分を記録でき、1人あたり60回分が記録でき、その平均値も出せます。

オムロンだと、『オムロン デジタル自動血圧計 HEM-6050』では、正しい手首の位置を光と音で知らせる仕組み。血圧の値がグラフのようにも表示されのは、見た目に分かりやすくて良さそう。二人分記録でき、1人あたり100回記録できます。

個人的にかっこ良さなら、『オムロン 手首式血圧計 レッドOMRON HEM-6053-R』。こちらは、1人分で60回記録。オムロンは、どちらも、最大3回まで、10分以内に測定された値の平均値を出します。

購入する前に調べたところ、手首式で気になるポイントは、測るときの手首の高さ、誤差が出ること。そこで、高さガイドがある『NISSEI 手首式血圧計 WS-1300』、『オムロン デジタル自動血圧計 HEM-6050』で迷いました。

姿勢ガイドと不規則脈を知らせる機能が気になり、最近、母がたまに脈がおかしいようなと言っていたので、『NISSEI 手首式血圧計 WS-1300』にしました。

姿勢ガイドというのは、昔、子供の頃によく見たような、見る角度で違う絵が見えたりする、あの仕組みです。手首式血圧計で、測る際の手首の高さが違うとどのくらいの誤差がでるか、いろんな姿勢で試してみました。

正しい姿勢というのは、手首式血圧計を心臓と同じ高さということで、腕に巻く血圧計のようにテーブルに肘をついて、手首を寝かせず上げた状態と、力を入れずに手首式血圧計を胸に当てた状態で比べると、誤差はほとんどありません。

そして、イスに座り、手首式血圧計を肘掛に載せた状態で測ると、15~20ほど高めに、そして、肩よりもやや高いくらいで測ると、今度は、20ほど低くなりました。

胸に当てるというのは、軽く握った手がノドの下に来るようにすると、だいたい心臓ぐらいの高さで、誤差はほとんどないです。

個人的な感想なのですが、これなら、測るときはこの姿勢でと決めておけば、正しい姿勢を知らせる機能はなくても問題ないです。

こんな方にオススメ
・頻繁に血圧を測る方
・どこでも簡単に血圧が知りたい方

※手首式の血圧計に限らないのですが、動いた後、ストレスなどでも血圧は大きく違います。正しい測り方は、15分ほど安静した状態で、リラックスして3回測って、その平均値が正しい血圧になります。

   

nice!(127) 
共通テーマ:ショッピング
健康管理 血圧計、活動量計 他 ブログトップ