So-net無料ブログ作成
ひざや腰の関節痛・神経痛 リョウシンJV錠 他 ブログトップ

母が飲み始めたリョウシンJV錠 同じような他の医薬品と比べたら、割高感も、アリナミンEXプラス、ビタトレールEXPとの違いも分からなくて [ひざや腰の関節痛・神経痛 リョウシンJV錠 他]

ryoshi01.jpg

どこがスゴイ?
・ひざ・腰・肩などの関節痛や神経痛に リョウシンJV錠
・93錠入りで、1箱で31日分
・キミエホワイトなどを発売してる富士常備薬の医薬品
・テレビCMでも、よく見かけるし、初回は値引きしてたり
・アマゾンや楽天などでも扱ってないもの
・成分を見比べたら、ちょっと気になって

母が飲み始めて、眼精疲労にもいいからと私も飲み始めたら 富士常備薬 リョウシンJV錠 93錠
脚が悪い母が、『リョウシンJV錠』のテレビCMを見たみたいで、私に、評判を調べてみてと電話がきてて。今度は、何かしらと思いながら、ネットで調べたら、口コミらしい口コミが全然見つからなくて、宣伝ばかり。リョウシンJV錠は、アマゾンでも楽天市場でも扱ってなくて、ドラッグストアでも売られてないし、だから、口コミが少ないのかしら。

注文方法は、ネットからだと、公式サイトから注文できて、あとは、テレビCMにも出てる電話番号に電話するだけ。初回限定で、1900円(税抜)はあるけど、2回目以降は、4104円(税込)、5000円未満だから、送料が700円。定期購入で、3個だと10%引きという話も。広く販売されてて、安く買えたりというものではないみたい。

母は、こんなにCMしてて、飲んで効く医薬品だし、飲んでみないと分からないからと電話で注文して、飲み始めたんだけど。送料無料になるからと、2つ注文してて、効果・効能に眼精疲労もあったから、私も貰って飲んでたんだけど。箱の横に書かれてる成分・分量を見てたら、ちょっと気になることがあって。

主な成分で、3錠中の分量を表示してるのは、フルスルチアミン塩酸塩(ビタミンB1誘導体) 109.16mg、ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6) 100mg、シアノコバラミン(ビタミンB12) 1,500μg、トコフェロールコハク酸エステルカルシウム(ビタミンE) (dl-α-トコフェロールコハク酸エステルとして) 103.58mg (100mg)、パントテン酸カルシウム 30mg、ガンマ-オリザノール 10mgの6つで、他にも添加物として、いろいろあるんだけど。

この成分を見て、思い出したことがあって。私が目の疲れで、前によく飲んでた『アリナミンEXプラス』と全く同じで、3錠中の成分も、その分量も、そのまま。添加物がちょっと違ってて、添加物まで、『リョウシンJV錠』と全く同じなのが、『【第3類医薬品】ビタトレールEXP』。どうして、有効成分の分量が同じなのかなんだけど、これは、成分ごとに定められてる最大量を配合してるから。

添加物は、有効成分の苦味が強いものだったら、その苦味を抑えるためとか、品質を安定化させるために加えるものだから、無害で有効成分に影響を与えないものが前提になってて。だから、添加物が違ってても、有効成分が同じなら、違いはほとんどないはず。

この3つの医薬品、『リョウシンJV錠』、『アリナミンEXプラス』、『ビタトレールEXP』は、有効成分が同じで、成分ごとの分量も同じ、効果や効能も、眼精疲労や肩こり、腰痛などの関節痛、神経痛の改善なのも同じだし、1日1回3錠飲むのも同じ。これなら、どれを飲んでも良さそうな気がしてきて。

いつ発売されかも調べてみたら、『アリナミンEXプラス』は2005年発売、『ビタトレールEXP』が2008年、『リョウシンJV錠』は、いつ発売されたか分からないけど、販売元の富士常備薬グループが、2015年5月12日に設立されてるから、それより前ではないし、ここ1,2年なのかも。だから、頻繁にCMを見掛けるんじゃないかしら。

気になるのは、価格の違いで。『リョウシンJV錠 93錠』は、1ヶ月分で4104円、『アリナミンEXプラス 120錠』は、40日分で、メーカー希望小売価格4080円(税抜)、『ビタトレールEXP 360錠』は、120日分だから4ヶ月分で、メーカー希望小売価格5760円。

アマゾンなら、『アリナミンEXプラス 120錠』は3千円ちょっと、『ビタトレールEXP 360錠』は二千円ちょっとで、もちろん、送料込みだから、割安感もすごくて。

『アリナミンEXプラス』と『ビタトレールEXP』と同じ成分と思ったら、テレビCMを見てると、関節痛とか神経痛に効く新しい医薬品という感じが強かったし、残念な気がして。富士常備薬グループの公式サイトには、リョウシンJV錠の宣伝で、良心的な価格とも書かれてて、特別な成分があったりしないと、ちょっと。

母にも話したら、アリナミンなどの栄養剤も、よく飲む方だし、驚いてて。でも、これが切っ掛けで、ちゃんと整形外科に行くようになったから、良かったのかも。

こんな方にオススメ
・関節痛や神経痛がある方
・リョウシンJV錠が高いという方
・成分が同じなら別のものでもという方
・長く飲むから価格が気になるという方

ryoshi02.jpg

 


nice!(237) 
共通テーマ:ショッピング

脚が悪い母が3年以上リピ買い いろいろ飲み比べて、胃にもたれなく、体内利用率が約3倍で、飲む量が少なくて済むから キューサイ グルコサミンZ [ひざや腰の関節痛・神経痛 リョウシンJV錠 他]



どこがスゴイ?
・胃が重くならないから、続けやすくて♪
・変な味じゃないから、水なしでも飲める
・体内利用率が高い N-アセチル グルコサミン100%
・一般的なグルコサミンと比べて、少ない量でも
・青汁のキューサイだから、安心感も

膝の悪い母が、胃にももたれないなら愛用してて、3年以上 キューサイ グルコサミンZ
母は、食欲が旺盛なタイプで、運動もしないから、体重が重め。それで、3年くらい前まで、膝が悪くて、酷いときは、そろりそろりと歩いてたり、ひざを曲げて乗る自転車も辛かったり。

母は、高血圧で病院にも通ってるから、高血圧を治すためにも体重を減らすようには言われてて。でも、母は何も気にせず、今までと全然変わらない生活で、注意されても、ちゃんと聞くタイプでもないから。

好きなように食べてるから、胃の調子が良さそうなんだけど、もともと胃が弱い方だから、消化の悪いものを食べたりすると、すぐ胃を悪くして、食べれなくなったり。矛盾してるような気がするんだけど、食べてストレス解消してるのもあるみたい。

前にも書いたけど、母は、胃が弱いことを自覚してて、胃カメラで調べたり、ピロリ菌の検査をしたり。それで、自分も調べてるから、私にも検査を受けなさいと、うるさくて。母の勢いに負けて、ピロリ菌の検査を受けたこともあるくらい。

そんな母が、テレビCMを見て、関節の痛みはグルコサミンと思って、グルコサミンを飲むようになって。いろんなメーカーのグルコサミンを買って、飲んでたんだけど、長続きしなくて。

理由は、どれも同じで、食後30分以内に飲んでも、胃が重苦しくて、胃の調子が悪いからとか。飲んでいたのは、グルコサミンの粒タイプが多くて、飲みかけで、お薬箱に入れてるから、量もすごくて。

いろいろ飲み比べて、胃の負担も感じずに、飲みやすかったのが、『キューサイ グルコサミンZ』。これは、一般的なグルコサミンと違ってて、N-アセチル グルコサミン 100%で、パウダー状のもの。水なしでも飲めるくらい、味も悪くなくて、飲みやすいもの。

『グルコサミン』と『N-アセチル グルコサミン』は、違いもあって。『N-アセチル グルコサミン』の方が、3倍ほど吸収されやすくて、2000年頃に行われた研究で、吸収された後に、様々な組織で利用される割合も、グルコサミンよりも高いと注目されてるもの。

一般的な グルコサミンは、グルコサミン塩酸塩だから、それを飲むと、体の中で、N-アセチル グルコサミンに変換されるんだけど、それを直接、N-アセチル グルコサミンのカタチで飲んだ方が効率がいいとか。

エビやカニの甲羅から、グルコサミンを抽出するときに、塩酸で抽出すると、グルコサミン塩酸塩。手間も少なくて、製品化しやすいところに、特徴があるんだけど。N-アセチル グルコサミンは、酵素分解で抽出するから、その分、数週間も時間がかかるとも。

関節を健康に保つためには、どのくらいグルコサミンが必要なのかも、気になるところなんだけど。キューサイの公式サイトによると、1日当たり 1500mgで、N-アセチル グルコサミンなら、1/3の500mg。これを食べ物で補おうとすると、牛乳で4.4L、サクラエビで2.5kg、しいたけで680個ほど。

『キューサイ グルコサミンZ』は、3年以上、母が、毎日欠かさず飲んでて。青汁で有名なキューサイというのも、安心できるみたい。気になるのは、関節が良くなったかどうかなんだけど。

最初は、病院から貰った痛み止めを膝に塗りながら、キューサイ グルコサミンZを飲んでて。3ヶ月ほど過ぎたあたりから、痛みをあまり感じなくなって、階段も一歩ずつ登って、降りる時は、もっと大変だったのが、今では、普通に上り下りできて。

それから、あまり膝が痛いという話も聞かなくなって、普通に掃除機もかけたりしてるくらいだから、調子は良さそう。CMみたいな話で、ホントなんだとも思うんだけど。

でも、こういうものって、個人差があるから、人それぞれなところもあるし。飽きっぽい母にしては、珍しく、欠かさないように長く飲み続けてるから、体に合えばという話じゃないかしら。飲みやすかったから、そこまで続けられたとも言えそう。

飲んだから、その日のうちに効果があるというものでもないと思うんだけど。母は、買い物とかで歩き回るとき、多めに飲んで出かけたりするくらいだから、よっぽど気に入ってるみたい。

母のように、グルコサミンが胃にもたれて困るという方なら、胃への負担も少なく、気軽に飲めて、いいのかも。試しに飲んでみたら、味は、ちょっと甘い感じだから、飲み物に入れても、変な味にならないし、そのままでも、平気で飲めそう。

私の祖母、母のお母さんだけど。昔の人だから、とにかく、健康のために、牛乳を欠かさず飲んでて。それでも、転んだとかじゃないのに、腰の骨を陥没骨折して、動けなくなって、入院したから。母も、それを気にして、関心が高いのもあるみたい。

こんな方にオススメ
・関節が痛かったり、負担がかかる方
・グルコサミンが飲みにくいという方
・水がなくても、気軽に飲めるものを探している方

kyuusai01.jpg




nice!(281) 
共通テーマ:ショッピング
ひざや腰の関節痛・神経痛 リョウシンJV錠 他 ブログトップ