So-net無料ブログ作成
検索選択
本が読みやすい電子書籍リーダー キンドル ブログトップ

気軽に本が読める電子書籍リーダー 漢字が苦手でも辞書機能ですぐ分かるし、読みやすいように文字サイズ・行間・余白も調節、これなら、難しい分厚い本も平気で読めそう♪ kindle キンドル [本が読みやすい電子書籍リーダー キンドル]



どこがスゴイ?
・アマゾンの電子書籍リーダーだから、読めるのは、kindle版の電子書籍
・白黒で目が疲れ難くて、文字もキレイ
・キャンペーンは、書籍のセールとか、ホーム画面に表示されるくらい
・1回の充電で、1日30分だと数週間
・最大数千冊の書籍が保存できて、重さは191gだけ
・3つの字体、8つの文字サイズ、3つの行間・余白で読みやすく調節も
・読めない漢字も、辞書機能ですぐ分かる
・読んでる途中でオフにすると、電源を入れたら、前読んだところから
・何もしないで置いとくと、勝手に電源オフ
・最初に使い方を画面で解説してくれたり
・付属品は充電用USBケーブルのみ、PCとか、USB接続の家庭用コンセントで充電
・本の厚みを感じないで読めるから、どんな本も気軽に読めて

たまには落ち着いて、本が読めればと思って 電子書籍リーダー kindle キンドル
今年は、お笑いコンビ ピース 又吉直樹さんが書いた『火花』が、芥川賞を受賞して、大きな話題になったけど。一緒に芥川賞を受賞した羽田圭介さんも、テレビ番組に出演してたり、作家の人は難しそうな人というイメージも変わってきて。

『火花』は、200万部を超えるベストセラーだけど、本はたまに読むくらいだから、分厚い本だと手が出し難くて。最近だと、10月30日に放送されてたTBSのテレビ番組『中居正広の金曜日のスマたちへ』を見てて、ノートルダム清心女子大学の理事長 渡辺和子さんの『置かれた場所で咲きなさい』は持ってて、すぐに読めそうだったから。

学生の頃は、よく寝る前に本を読んでて、それが、いつの頃から読まなくなって。思い返してみると、スマホを使うようになったら、ちょっとした時間でも、調べものとか、アプリで遊んだりできて、それで、もっと本を読まなくなったかも。

それでも、たまに落ち着いて本を読みたいときもあって、秋で静かな季節だからかしら。なんとなく、アマゾンで面白そうな本を探してたら、電子書籍の『kindle キンドル』が気になって。発売されたときに、大きな話題になってたから、本よりも電子書籍リーダーを使ってみたくて、早速、『キャンペーン付 kindle キンドル』を注文。

翌日には、届いてて。下の写真が、『kindle キンドル』なんだけど。画面のサイズが、6インチだから思ってたよりも小さくて、本体の他に、付属品は、何か国語かで書かれた注意書きが2つと、USBケーブルだけ。

USBケーブルは、充電用のもので、USBでパソコンと接続して充電したり、家庭用コンセントで充電できるUSB充電器を使ったり。最初はパソコンで充電すればいいかしらと思ってたけど、『PLANEX 充電万能 USB充電器』(2ポート合計2000mA)を後で買って、使ってて。

キンドルには、普通の『Kindle キンドル』の他に、『Kindle Paperwhite キンドル ペーパーホワイト』と『Kindle Voyage キンドル ボヤージュ』があって。ディスプレイサイズは、同じ6インチだけど、『Kindle キンドル』よりも、解像度が倍ぐらい、内蔵ライト付で明るさが調節できたり。

『Kindle Paperwhite キンドル ペーパーホワイト』と『Kindle Voyage キンドル ボヤージュ』には、ちょっと値段が高くなるけど、Wi-Fiの他に、無料の3Gが使えるものがあって、これなら、ネット環境が無くても使えて、月額料金もかからないから便利。

それには、利用規約があって、アマゾン側が接続料金を払ってるから、ネット利用は、アマゾンのキンドルストアで、日本国内のみで使えて。一部のコミックで大容量なファイルはダメとか。

これだと、ちょっと窮屈そうに思われそうだけど。キンドルで読める電子書籍は、キンドルストアのものだし。もし、家にネット環境があれば、Wi-Fiで接続もできるから、外でも使うなら便利かも。

私が、『Kindle キンドル』にしたのは、電子書籍が初めてだから、どのくらい使うか分からないし、解像度が低めでも、字がキレイというレビューを読んだから。それに、自宅で、パソコンとか、スマホを使ってるから、Wi-Fiだけで十分。外出先で読むにしても、本がキンドルにダウンロードされてるから、ネットに接続しなくても、読めるし。

気になってたのが、『キャンペーン付』と『キャンペーンなし』。『キャンペーン付』の方が、値段が安いんだけど、どういう風に、キャンペーンが表示されるか分からないから、気にはなったんだけど。

キャンペーン付を使ってみたら、ホーム画面の下に、書籍のセール情報が表示されるだけ。本を読む画面には、そういう情報は一切表示されないから、このくらいなんだという感じ。ホーム画面に戻さないで、本を読んでて、途中で電源を切って、また、読もうかしらと電源を入れると、前読んでたところからだから、全然、キャンペーンも見ずに読めて。

ホーム画面にしたときに、下に、セール情報がある方が、何か読みたいときに役立つし、見た目も、そういう情報が並んでても違和感がないから、キャンペーン付で良かったかも。

最初は、カラー液晶のスマホに比べて、白黒だと、地味な気がしたけど、使ってるうちに、目が疲れ難いし、凄さが分かってきて。必要な機能だけのシンプルなところが使いやすくて、紙の本を読むのと全然違う感じで、本が読みやすくて。

レビューに書かれていた通り、字はキレイで、カクカクしてないし、滑らか。明るさが調節できないけど、普通に本を読むくらいの明るいところなら、全然、画面が暗くも明るくも感じないくらい。

驚いたところが、いくつもあって。文字のサイズは8段階、書体は、明朝・ゴシック・筑紫明朝の3つから選べて、行間と余白もそれぞれ3段階。これで、自分で読みやすいように調節するんだけど、これだと、1ページ当たりで長い文章も、適度な量になるから、読みやすくて。

本が苦手な人だと分かると思うんだけど、本を読んでるときに、読めない漢字があると、読めないし、意味も分からなくて、イライラしたりするけど。辞書機能があるから、分からない漢字を指で長押しすると、その漢字の読み方と意味が表示されるから、手間がかからなくて。

本もテンポよく読んでるから、内容が頭に入ってきて、面白いから。それが、分からない漢字があっても、すぐに分かると、平気で読み続けられるし、凄く本が読みやすい。分厚い難しい本でも、自分好みに調節した1ページずつの表示だから、自分のペースで読み続けられる。

キンドルを使い始めて、気が付いたことがあって。分厚い紙の本を読んでたら、見た目で、先がこんなにあるというのが、プレッシャーになってたみたいで。こんなに残ってるから、もっと読まないとと思って、焦ってたのかも。

キンドルだと、どんなに分厚い本でも、本の厚さが分からないから、それが気にならなくて。それで、気が滅入ることもなくて、もっと気軽に、自分のペースで読めるようになって。

本は、焦って読んじゃダメなことに、初めて気が付いて。本って、もっと自由で、気軽に楽しめるものだったみたい。辞書機能があれば、どんな漢字も分かるから、何でも読めるし、本が身近に感じられて、楽しみが増えた気分。

本が読みにくいと感じてたのは、分からない漢字がでてき内容が曖昧になることと、読む量の多さだったみたい。それが二つとも解消されて、苦手なものが得意になったような、そんな感じかも。

キンドルの重さは、191gだから、片手で持ってても、重いと感じないくらい。消費電力が少なくて、1日30分ぐらい使うなら、1回充電すると、数週間は持つとか。読んでる最中に、電源を切らずに置いといても、時間が経つと勝手にオフになるから、ちょっとしたことだけど、わずらわしさもなくて。

本を読んでるときのような落ち着いた感じも、静かに楽しめて、体にも良さそうだし、いいのかも。

こんな方にオススメ
・漢字が嫌いで本を読むのが苦手な方
・どこでも気軽に本を読みたい方
・本は読みたいけど邪魔になるという方
・本を買いに行くのが面倒な方
・読書が趣味と言う方

kindle.jpg hon01.jpg




nice!(352) 
本が読みやすい電子書籍リーダー キンドル ブログトップ