So-net無料ブログ作成
鏡・スタンドミラー・姿見 他 ブログトップ

風水で玄関に鏡というから 金運・仕事・健康運アップ! 広くないから、小さい鏡でも St1330光沢仕上げ イタリア製卓上鏡 [鏡・スタンドミラー・姿見 他]



どこがスゴイ?
・母が昔からやってて
・定番の玄関に鏡で、開運
・入って左が金運、右が仕事・健康運とか
・卓上でも、見た目が良くて♪
・落ち着いた金色で、金運な感じ
・鏡が円・楕円は、金運とも

玄関で風水 母が昔から実践してると知って、それじゃ、私も St1330光沢仕上げ イタリア製卓上鏡
風水で開運という話は、テレビ番組でも、たまに耳にするんだけど。これを置くと運が良くなるとか、この色のものを置くといいとか、そういう話なんだけど。

先日、実家に帰ったら、玄関にあった丸い壁掛けの鏡が、アンティーク調のものに変わってて。母は、カッコいい鏡を見つけて、付け替えただけなんだけど。話を聞いてたら、風水で鏡を置くといいとか。

私は、あまり気にしたことがないんだけど、母は、風水とか占いが大好き。鏡は、玄関入って、左側と決めてるみたいで、母の実家も同じようにしてるとも。

思い出しみると、どちらの家も、玄関の左側に鏡。小さいときから、そうなってたから、気にもしてなかったけど、それも、全部、母の好み。

玄関の鏡も、場所で風水的な意味も違うとか。玄関に入って、左が金運、右が仕事と健康運。正面に置くのはダメで、左右に鏡を置いて、合わせ鏡もダメ。そうなると、鏡が置けるのは、左右のどちらか。

鏡のカタチも、意味があって。円や楕円の鏡は気を集めて、金の気があり、長方形の縦長の鏡だと木の運で発展を表して、長方形で横長だと土の運で、土から金が生まれるから金運とも相性が良くなど。

五行の木・火・土・金・水で、組み合わせが良く、相乗効果がある 相生(そうしょう)、逆に組み合わせが悪くて、どちらの気も消してしまう 相克(そうこく)など、ちょっと面倒な感じも。

風水は、考え方もいろいろだから、風水師の解釈次第で、話が大きく違ったりもするから。どれが、一番、正しいというのも、分からないところも。

母が、昔から実践してたのは、全然、知らなくて。母は、質素倹約とは真逆で、大雑把な性格、お金遣いも荒いタイプ。ただ、大きなお金は入らなくても、無くなってくると、どこかから入ってくると母が話していたのを思い出して。

小さい頃から聞かされてたけど、根拠がないのに、凄い自信。運も実力のうちとも言うし、少しは効いてるのかしら。私が生まれる前から、玄関に鏡を置いてたみたいで。ずいぶん前からやってるから、当たり前過ぎて、今まで、会話にも出てこなかったのかも。

今、住んでるところは玄関に鏡がないから、出掛けるときに、ちょっと気になると部屋の鏡に戻ったりしてたけど、玄関に鏡がないのも不便だし。私も、母を真似して、鏡を置くことに。

風水でも、鏡の大きさで違うという話もあるけど、置く場所を考えると、大きいと邪魔になるから。壁掛けよりも、すぐに置く場所を変えられて、持ち運びも便利な卓上鏡に決めて、良さそうなものを探してて。

気になったのは、『卓上コスメティックミラーL』(高さ 23cm)、『10倍拡大鏡付 LEDブライトミラー』(33cm)、『卓上ヨーロピアンアンティーク・ウェーブモチーフの両面卓上ミラ M size』(25cm)、『St1330光沢仕上げ イタリア製卓上鏡』(27cm)など。

『卓上コスメティックミラーL』は、ジュエリーショップとか、化粧品の通販番組でも、よく見かけるようなもの。真ん丸じゃなくて、楕円形で、スリムでコンパクトだけど良く見えそう。

『10倍拡大鏡付 LEDブライトミラー』は、たまたま見掛けて、興味があって。20個の高輝度LEDが付いて、10倍に見える拡大鏡も。メイクは、明るさでも全然違うから便利そうで、目元も拡大できたり。電源は、コンセントじゃなくて、単3電池4本。

『卓上ヨーロピアンアンティーク・ウェーブモチーフの両面卓上ミラ M size』と『St1330光沢仕上げ イタリア製卓上鏡』は、実用的な感じよりも、アンティークなデザインで見た目が良くというもの。

玄関の左側には、置物が置ける場所があって、そこに、小物を置いてるんだけど、そこに、一緒に置いても、この2つなら違和感が無くて良さそう。シルバーっぽいものよりは、金運を意識すると金色の方が良くて。『St1330光沢仕上げ イタリア製卓上鏡』を早速、注文。

届いたのが、下の写真なんだけど。思ったよりも小さくて、可愛らしい感じ。このくらいの大きさだと、置く場所にも困らないし、小物の隣に置いても、浮いてる感じもなくて。

もちろん、鏡の角度調節でもきるし、金色だけどキラキラじゃなくて、控え目な色合いだから、派手過ぎなくて、ちょうど良く。アンティーク調だと雰囲気もあるから、置物みたいな感じも。

玄関を大きく変えないように、鏡を置いてみたんだけど。まだ、始めたばかりで、特に変わったところもないけど、お守りみないな、期待する気持ちはあるから。

母が、昔から実践してたのが、私には、説得力があったのかも。

こんな方にオススメ
・風水が気になる方
・玄関に鏡を置きたい方
・コンパクトな鏡が欲しい方

kagami01.jpg




nice!(355) 
共通テーマ:ショッピング

スタンドミラー、姿見が欲しくて 幅が広めで、飛散防止、鏡の厚さもあるけど、低価格で幅が広めな ノンフレームワイドスタンドミラー ブラウン W39 24-716 [鏡・スタンドミラー・姿見 他]



どこがスゴイ?
・フレームがないから、鏡が広め
・幅39cmで、この値段はお得
・シンプルだけど、床キズ防止もあったり
・高さを少し下げて、幅を広く

鏡の幅が広めのスタンドミラー、姿見が欲しくて ノンフレームワイドスタンドミラー ブラウン W39 24-716
今まで、全身が見れる長い鏡、姿見は、ちょっと場所を取るからいならないかなと思ってて、ドレッサーの鏡で済ませてたんだけど。実家で、姿見を使ってみたら、やっぱり、見え方が違ってて、あると便利というか、ないとダメかなと思い出して。

服は、色のバランスが上手く取れているかで、全然、見え方が違ってくるから、ちゃんと全身が見えないとやり難くて。玄関の近くには、縦長の鏡があって、それで、確認できるんだけど、やっぱり、服を着替えるところにないと。そこで、姿見、縦長のスタンドミラーを買おうということに。

スタンドミラーを買うときに、気になるところは、いくつかあるんだけど、一つは、鏡のサイズ。買うときに、真っ先に気になるところで、幅が狭いタイプ、25cmぐらいだと、邪魔にならなくて、見た目も、どこか、スタイリッシュにはなるんだけど、鏡としては、ちょっと使い難くも。鏡を置いたところから、ある程度、離れて使うなら、良さそうだけど。

鏡の幅は、もう一つ、フレーム、枠の幅もあって。見た目の良さを考えると、フレームがあるか、ノンフレームか、好みは分かれるところだけど、フレームの幅の分だけ、実際に見える範囲が狭くなるから、そこも気になるところ。

どのように置くかもあって、スタンドが付いてて、それで、鏡を支えるタイプと、どこにでも気軽に移動できる キャスタータイプ、そして、壁に固定する 壁掛けタイプ。

それぞれで思うことは、スタンドは、どこにでも置けるけど、場所を取る感じ、出したままなら、このタイプ。キャスターがあると、フローリングには良さそうで、影に仕舞っておいて、使うときに出してという感じなら、良さそうで。そして、壁掛けは、固定する分、場所を取らないスッキリしてるのが、いいところじゃないかしら。

それと、鏡の特徴は、厚みがある方が、歪みが少なくこと。厚さが、5mmが厚い方で、ほとんど日本で製造されたもの、4mmだとヨーロッパやアメリカで製造されているものが多くて、でも、5mmでも、4mmでも、大きな差はないとも。このくらいの厚さが、一般的に、姿見で使われる鏡。

でも、技術的な進歩もあると思うんだけど、3mmでも歪みが少なくキレイに見える鏡もあるから、一概に、厚みだけでは判断できないところも。鏡の面積が大きい分、鏡の厚さの違いで、大分重さも違うから、薄い方がもちろん、軽め。

歪みは、鏡とそれを見る位置の距離で感じ方が違うから、服装をチェックするときに、どのくらい離れて見るかなんだけど。近ければ近いほど、歪みを感じにくいから、だから、全く同じ鏡を使ってても、歪みを感じる人と感じない人が分かれたり。

あと、縦長に置く鏡だから、大きな地震とかで、倒れたときにも、鏡が割れて、周りに散らばったりしないように、飛散防止加工があるかどうかも、ポイント。やっぱり、鏡もガラスのようなものだから、割れたときにも、どちらかといえば安全な方が、安心できるし。

いろいろと考えてみたところ、私が欲しい鏡は、鏡のサイズは、部屋の広さを考えると、そんなに距離が取れないし、見やすいことも考えると、幅が広めで、30cm~60cmぐらい。高さは、一般的な姿見だと、どれも、それなりに高さがあるから、あまり気にしなくても良さそう。鏡を壁に固定はできないから、スタンドがあるタイプ、もちろん、飛散防止も。

まとめると、私の場合、幅は、30cm前後~60cmくらい。スタンドミラーか、キャスターがあるタイプで、寝室に置くから、飛散防止はあった方が。見た目は、特に、人が来たときに、目に入るようなこともないから、シンプルなもの。

それで、いろいろ調べて、目に付いた鏡が、幅 40cm以下だと、『鏡面仕上げ スタンドミラー ブラック  全身 幅33cm x 高さ150cm 飛散防止』、『山善(YAMAZEN) シンプルスタンドミラー(飛散防止フィルム付) ホワイト SMT-315R(WH)』、『KOEKI スタンドミラー P-5526M』、『ノンフレームワイドスタンドミラー ブラウン W39 24-716』など。どれも、飛散防止加工ありのもの。

『鏡面仕上げ スタンドミラー ブラック  全身 幅33cm x 高さ150cm 飛散防止』は、鏡自体のサイズは、幅27cm、高さ150cm。フレームが鏡面仕上げということで、ツヤがあるというもの。フレームがある方が、インテリアの一つとして、締りがあるというか、調和しそうなところも。鏡の部分は、幅 27cmと、ちょっと狭い感じがするけど、その分、フレームに存在感があるから、適度な大きさにも。

『山善(YAMAZEN) シンプルスタンドミラー(飛散防止フィルム付) ホワイト SMT-315R(WH)』は、鏡のサイズ 幅30cm、高さ150cm。フレームがないタイプで、スタイリッシュな印象もあったり。鏡そのものの存在感が、フレームがあるものよりは強くないから、目立たないところも。

『KOEKI スタンドミラー P-5526M』は、鏡のサイズは、幅30cm、高さ147cmだけど、キャスターがある土台分もあり、全体の高さは、158cmほど。こちらも、フレームがなくて、お店にでもありそうなタイプ。キャスターが付いてるものだと、鏡の角度を自由に変えられるのが、大きなポイントで、垂直な壁掛けミラー、ちょっと斜めなスタンドミラーにはできないところ。鏡の角度が変わると、見え方も違うから、角度を変えて、服装をチェックしたとなると、このタイプも良さそう。

キャスターがあると、自由に動かせるから、普段は、目に付かないところに置いて、必要なときに出してきて使うこともできたり。出し入れして使うなら、キャスターは便利。

『ノンフレームワイドスタンドミラー ブラウン W39 24-716』は、フレームがないノンフレームタイプ。鏡のサイズは、幅39cm、高さ149cm。よくあるタイプよりも、10cm弱、幅が広いのが特徴。鏡を背面などで支える部分は9mmのスチールフレームで、本体の厚さは、3cm。仕舞うときも場所をとらないとも。床と接する部分には、床キズ防止のスポンジ付き。

40cm~60cmだと、『日本製 細枠スタンドミラー W420 DBR』、『不二貿易 ワイドスタンドミラー 幅45cm ブラウン 飛散防止加工 大型ミラー 10830』、『【60×160cm】ジャンボ スタンドミラー 木目調 ホワイト 幅60×奥行45×高さ160cm MRS60-AWH』、『アンティーク調 60cm幅大型ミラー』など。こちらも、どれも、飛散防止加工があるもの。

『日本製 細枠スタンドミラー W420 DBR』は、鏡のサイズが、幅40cm、高さ151cm。鏡の厚さは3mm。フレーム幅が1cmと薄くて、しかも、鏡と同じ高さで、段差がなくて、見栄えも良さそう。スタンドタイプは、普通、1つの角度に決まってるんだけど、こちらは、金具で角度調節できて、しかも、無段階。

『不二貿易 ワイドスタンドミラー 10830』は、スタンド付きで、フレームがあるタイプ。鏡のサイズが、幅 45cm、高さ 約147.5cm。鏡の幅はあるけど、価格は低価格だし、飛散防止加工もあるから、他のものに比べて、お得感がありそう。

『【60×160cm】ジャンボ スタンドミラー 木目調 ホワイト 幅60×奥行45×高さ160cm MRS60-AWH』は、逆にフレームが幅のあるタイプで、フレームが木目調のホワイトだから、ソフトな印象も。鏡のみのサイズが分からないけど、フレームの幅は4~5cmはありそう。こちらも、お店で見かけそうなタイプ。

『アンティーク調 60cm幅大型ミラー』は、鏡の大きさは、幅50cm、高さ150cm。鏡の厚さは、約4mm。スタンドがないから、壁に金具を取り付けて、壁に立てかけるように置くタイプ。このくらい、幅があると、ゆったり感がありそう。

幅が広い鏡をみると、その分、場所は取るかもしれないけど、気分も良くなりそうで、日々使うものと思うと、大きい方にも惹かれるところも。鏡を見てると、不思議と幸せな気分にもなるから、大きい方が、そういう効果も、大きそうだけど。

でも、大きい鏡は、それなりに重さもあるから、仕舞えるくらいの大きさの方がという気持ちもあったり。部屋の大きさを考えると、あまり、大きいタイプは、無理そうな気がして、決めたのが、『ノンフレームワイドスタンドミラー ブラウン W39 24-716』。フレームなしで、鏡そのものという感じで、幅が大き過ぎず、小さすぎずで、間を取った感じ。早速、注文することに。

翌日には、無事到着。下の写真がそれなんだけど、幅が39cmで、フレームなしだから、結構、広めで、大きさはちょうどいい感じ。鏡の厚さは、3mmで、特に歪みも無さそうで、このくらいの鏡の大きさだと、60cmほど離れれば全身が映るし、使いやすい。

届いてから気がついたところでは、スタンドを開いたとき、下に、金属のチェーンで開く幅が固定されてて。それを止めているネジが外せるようになってるから、チェーンのちょっと手前で固定すれば、スタンドの開く長さが変わるから、鏡の角度もある程度は変えられる。

でも、そう簡単に倒れるようなものでもないけど、あまり、スタンドを開く長さを短くし過ぎると、倒れやすくもなるから、注意は必要かも。鏡の場合、ちょっとした角度の違いで、見え方も違うから、微調整できるのは、いいところかも。

鏡を支えている部分は、金属でできているんだけど、色がブラウンで、ドアの色ともマッチしてて、バランスは良さそう。実は、最初に注文したときは、ホワイトのみしかなくて、それを注文したんだけど。すぐに、販売元から連絡が入って、在庫があるのがブラウンという話で、もし、宜しければということに。

私の方は、もともと、ノンフレームだし、正面から見えるのは、上下のフレーム部分だけだから、色はどれでも良くて。それで、ブラウンでも結構ですと、メールで返信したところ、1時間も経たずに返信が来て、すぐに発送。そんな感じでブラウンだったけど、これが、逆に良かったみたい。

やっぱり、このちょっと幅が広めなところが良くて、フレームがないからかしら、余計に広く感じられて。この鏡の幅で、このお値段は、やっぱり、お得。母が来たときも、ぱっと見たときに、幅の広さが気に入って、値段を言ったら、『高くないわ』とも。

鏡を一通り、見たところで、鏡の幅の広さで、値段が一段落、上がるところがあって、幅39cmは、どちらかというと、中途半端な数字。だから、幅の割りに、安いという話にもなるんだけど。低価格気味で、幅が広めというのが、この鏡の特徴かも。

こんな方にオススメ
・低価格でも、鏡の幅が広めがいい方
・大きさの割りに軽い鏡がいい方
・フレームない方がという方

001.jpg 002.jpg

スタンドミラー 鏡の幅 30cm前後~40cm
   

スタンドミラー 鏡の幅 40cm~60cm前後
   


nice!(274) 
共通テーマ:ショッピング
鏡・スタンドミラー・姿見 他 ブログトップ