So-net無料ブログ作成
のどの痛み・不快感、風邪予防、風邪の治療 他 ブログトップ

風邪がうつらないように空間除菌 せきが酷いのに風邪が治りかけと言い張って、全然、病院に行かないから クレベリンゲル 60g [のどの痛み・不快感、風邪予防、風邪の治療 他]



どこがスゴイ?
・空間に浮遊するウイルス・菌・ニオイを除去する クレベリン
・60gで、トイレ・浴室で約2ヶ月間、6~8畳の部屋で約1ヶ月間
・置き型タイプで、部屋のどこかに置いとくだけ
・気になるような変なニオイもなくて
・風邪がうつりそうでイライラするときも便利♪

病院に行きたがらない父にイライラしてたから クレベリンゲル 60g
父が風邪を引いたみたいで、昼間もせき込んでて、夜寝てても、聞こえてくるくらい酷いせきで、病院に行きなさいと母が言ったら、治りかけだから、絶対に行かないと父も言うし、大変とか。

母は、インフルエンザが流行る前に、必ず、予防接種をする人で。風邪を引いても、市販の風邪薬じゃなくて、すぐに病院へ行って、薬をもらってくるから、病気にならないようにすごく気を付けてて。父がせきをすると、すぐマスクをしたり。

父は、市販の薬でも飲みたがらないくらいで、お酒を飲めば、風邪が治ると思ってて。散歩してたり、体も丈夫な方だから、風邪を引いても熱が出て寝込んだりする事はなくて。でも、風邪薬を飲まないから、家の中では、せきしてたり、自然に治るまでだから、時間もすごくかかって。

父も母も、全然、考えが違うから、意見が合わなくて、二人で揉めてて。母は、風邪を引かないように気を付けてるのに、目の前で、薬も飲まずにせきしてて、自分にうつったらと気が気じゃないみたいで。それで、私のところに電話してきて。

父が風邪で病院に行かないのは、いつものことだし、市販の風邪薬でも、飲んだことないんじゃないかしら。びっくりするほど頑固に薬を飲まないから、子供の頃に、嫌なことでもあったのかも。

飲み薬の味が嫌いで、錠剤の薬も苦手という人もいるけど、父は、虫みたいなものも入ってる漢方薬で煎じて飲むようなもので、びっくりするようなニオイと味なのに、平気で飲めたりするから、そういう問題じゃないみたい。化学的なところが、嫌いってことかしら。

母は、目の前で酷いせきをしてるから、うつるかもとイライラしてるし、父は、絶対に病院に行かないから、いつも風邪が自然に治るまで騒いでて。どうしたらいいのかしら、何かいい方法ないかしらと思ってたら、空間除菌のクレベリンを思い出して。

クレベリンは、二酸化塩素で浮遊するウイルス・菌・ニオイを除去するというもので、製造メーカーは、正露丸でお馴染みのラッパのマークの大幸薬品。

空間除菌の仕組みは、浮遊してるウイルス、菌、カビ菌に二酸化塩素の分子が反応して、酸化させて、活動を抑えるというもので。部屋用に置き型とか、携帯するタイプもあるんだけど。

この他に、スプレータイプもあって、吹き付けて何かを除菌したり、空間に吹き付けて除菌したりできるんだけど。風邪引いてる人が目の前にいて、せきしてるなら、空間除菌が続く方がいいから、『クレベリン 置き型タイプ 60g』を注文。

置き型タイプには、60gと150gがあって。60gは、トイレや浴槽などの1~2畳で約2ヶ月間、居室などで6~8畳で約1ヶ月間というもので。150gは、トイレや浴槽など3~6畳で約2ヶ月間、居室など8~12畳で約2ヶ月間。

150gの方が、もっと広い空間で、効果も長めなんだけど、目安だから、もっと広い空間だと、効果が短くなったりするみたい。初めて使うから、どういうものかしらと思って、60gに決めて。

下の写真が、『クレベリン 置き型タイプ 60g』なんだけど。中には、液体が入った小さいボトル、青いキャップ、粉末が入ってて。初めてだったから、使い方にびっくりしたんだけど。

液体の中に粉末を入れたら、かき混ぜないで、15分待って。そしたら、液体がしっかり固まってて、あとは、青いキャップを回して、すき間を調節して、空間除菌したいところに置くだけ。

ニオイを嗅いでみたら、ちょっとプールの塩素みたいな感じで。ニオイが気になったら、キャップを回して、すき間を調節してと書かれてるけど、どうなのかしら。

実家のリビングに、クレベリンを置いたら、母が安心したみたいで。父がせき込んでも、イライラしなくなって、それだけでも良かったんだけど。置いてから1週間経っても、全然、風邪がうつってないし、私が通ってる病院でも、待合室に同じのが置いてあったから、効果がありそう。

これなら、母も、うつり難くなってるから、そんなに気にならないし、父も病院に行かないから、揉めなくて済むし。こんな便利なものがあるなら、もっと早く使ってたらと思うくらい。

こんな方にオススメ
・周りに風邪の人がいて気になる方
・風邪がうつりそうでイライラする方
・体調管理に気を付けている方
・うがいや手洗いの他に空間除菌で予防したい方
・風邪の予防でマスクをするのが面倒という方

cleverin.jpg

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

クレベリンゲル 60g【9_k】【rank】【あす楽対応】
価格:880円(税込、送料別) (2017/11/3時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

クレベリンゲル 150g【9_k】【rank】
価格:1253円(税込、送料別) (2017/11/3時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

クレベリン パワーセイバー ペンタイプ 2本入
価格:808円(税込、送料別) (2017/11/3時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

クレベリン スプレー 300ml
価格:1680円(税込、送料別) (2017/11/3時点)




nice!(306) 
共通テーマ:ショッピング

のどの荒れ・不快感の薬 風邪でせきが酷いとき、龍角散ダイレクトが良かったから、昔からのも飲んでみたくて 龍角散 43g [のどの痛み・不快感、風邪予防、風邪の治療 他]



どこがスゴイ?
・粉末の龍角散で、43g
・せき、たん、のどの炎症に効果があって
・金属の容器で、小さいスプーン付
・漢方薬という味だけど、苦くもなくて
・清涼感も、龍角散ダイレクトに比べると控えめ
・143回分だから、お得感もすごくて

風邪のときに、龍角散ダイレクトが良かったから 龍角散 43g
4月に風邪を引いて、熱が高かったり、せきも酷かったから、まだ、右耳に違和感が残ってて。何かで覆ってるような感じは、大分良くなったけど、まだ、違和感があるくらい。

病院に行って、処方してもらった薬に、強い鎮痛剤で、せきが酷い時だけ飲むように言われたのもあるんだけど。それでも、全然、止まらなくて。ちょっと息を深く吸うとヒリヒリした感じで、すぐ、せきが出て、夜は寝れないし。

その時、うがい薬でうがいしたり、トローチとか、いろいろ使ってたんだけど、一番、良かったのが、強烈な清涼感の『龍角散ダイレクトスティックミント』。口に含んで、飲み込むときに、少しずつのどを通るんだけど、それが分かるくらい。

味も、漢方薬とか、生薬みたいに、変わった味でもないし、冷たいミントな感じだから、飲みにくくもなくて。それで、龍角散のイメージが良くなったみたいで、コンビニで何か買う時も、龍角散の飴を買ったり。

『龍角散ののどすっきり飴 シークヮサー味』は、甘くて酸味があるから、薬として、気になる味でもなくて。『龍角散ののどすっきり飴120max』は、ちょっと変わったお茶にミルクを混ぜたような感じで、これも平気なくらいだけど、私は、シークヮサー味の方がいいかしら。

それで、また風邪を引いたときのために、用意しておこうと思って、『龍角散ダイレクトスティックミント』を注文。飴も特に変な味でもなかったし、もともとの龍角散も飲みやすいんじゃないかしらと思って、一緒に、『龍角散 43g』も。

すぐに届いて、下の写真が、その2つ。普通の龍角散は、シルバーの丸い缶を開けると、中に、小さいスプーンも入ってて。それで、粉末をすくって、舌の上にのせて、ゆっくり溶かしながら飲むんだけど。小さいスプーンは、0.3gで、それを1日3~6回。

口の中で溶かして飲み込むから、龍角散の独特の味も分かりやすくて。香りは、習字の時間を思い出すような 墨汁みたいな感じで、味は、漢方薬らしいものだけど、苦かったり、すごくクセが強いというほどでもなくて。でも、混ざり合った独特な味で、ミントの葉を噛んだような後味も。

『龍角散ダイレクト』は、口に入れたときに、すぐにひんやりして、一瞬で溶けるんだけど、『龍角散』は、粉末を口に含んでる感じで、だんだんと溶けて、清涼感も生薬の自然な感じで控えめだから、飲んだ感じの違いも大きくて。

龍角散の効能で、せき、たん、のどの炎症、のどの痛みなどに効果があるのは、どちらも変わらないから、良さは同じなんだけど。もっと飲みやすいものと思ってたから、いろいろ改善されてる『龍角散ダイレクト』の良さが、改めて感じられて。

でも、43g入りの龍角散も、小さいスプーン1回分で0.3gだから、約143回分。1日6回で使ったとしても、約23日分はあるから、この差も大きくて、すごい割安感。

風邪を引いたときだけなら、飲みやすくて、清涼感も強い『龍角散ダイレクト』が良さそうだけど、のどの調子が、悪くなりやすくて、普段から飲むなら、普通の『龍角散』の方が、断然、お得だし、使い分けがいいのかも。

のど飴の龍角散もあるけど、症状が重かったり、すぐに寝たいときは、『龍角散ダイレクト』とか、『龍角散』の方が、やっぱり、便利かしら。

こんな方にオススメ
・せき、たん、のどの痛みが気になる方
・のどを痛めやすい方
・甘いのど飴が苦手な方
・漢方薬も平気で飲める方

ryukakusan1.jpg ryukakusan2.jpg

   


nice!(282) 
共通テーマ:ショッピング

のどの荒れ・不快感の薬 水なしで飲めるのも便利で、飲み込んだ後の清涼感も強くて、せきが酷いときでも 龍角散ダイレクト スティックミント [のどの痛み・不快感、風邪予防、風邪の治療 他]



どこがスゴイ?
・水なしで飲める、顆粒タイプの龍角散
・たん、せき、のどの炎症による声がれ、のどのあれ、のどの不快感に
・飲んだとき、流れるのが分かるくらいの強い清涼感も
・トローチやのど飴みたいに、長くなめる必要もなくて
・スプレーのものよりも、飲み込む方が奥に入る感じで
・1日6回までで、服用間隔は2時間以上おいて
・小さいスティックで、携帯にも便利♪

のどの不快感で、せきが酷いから 龍角散ダイレクト スティックミント
久しぶりに、酷い風邪を引いてしまって、10日間くらいかかって、やっと治ったところで。片耳が聞こえにくいのは、まだ、残ってるけど、少しずつ良くなってて。

前にも、疲れると歯ぐきが腫れてと書いてたんだけど、体調が良くないときに、父が転んで、足を怪我したから、私が総合病院に連れて行って。いろいろ検査して、怪我は、大したことなくて、良かったんだけど。

病院から帰ってきて、二日後の夜、体がふらふらして、熱を測ったら、38度を超えてて。風邪を引いたら、いつも、市販薬のパブロンを飲んで治すんだけど、このときは、薬を飲んでも、熱が下がりきらなくて、36.8度~37.3度を行ったり来たり。普段の平熱は、35度台だから、体がだるくて。

それで、1日過ごして、次の日には、たんが黄色と緑色を混ぜたようなものになって。せきが酷くて、長く寝てられなくて。たんの色が変わって、濃くなってきたら、細菌に感染してる証拠だから、その日のうちに、病院へ。

下の写真が、うがい薬と1回に飲む薬の量で、朝だけ飲むのとか、夜、寝る前だけどか、いろいろなんだけど。熱は、病院で測ったときに、朝で、微熱程度だったから、解熱剤は弱めみたい。

せきが酷いときは、この薬、熱が出たら、この薬と渡されて。貼る薬の『ホクナリンテープ 2mg』は、気管支を拡張するもので、寝る前に、胸・背中・上腕のどれかに貼って。

うがい薬『アズノールうがい薬4% 10ml』も小さいけど、これで、66~100回分はあるとか。イソジンうがい薬は、細菌やウイルスなどの微生物を殺菌、消毒するもので、アズノールうがい薬は、炎症を抑えて、傷口を修復するものだから、その違いも。

今まで、うがい薬の違いを気にしたことないけど、用途に合わせて、使い分けできそう。アズノールうがい薬は、処方薬だけど、同じ成分のうがい薬で、市販されているのは、『第3類医薬品 セピーAZうがい薬 40mL』、『浅田飴AZうがい薬』など。

加湿器で、部屋の湿度を上げて、薬を飲んで、たんの色がなくなるまでに、4日間くらい。それまで、ずっと、せきをしてたら、のどが荒れたみたいで。のどが、ゴロゴロしてないのに、空気を吸ったときの、ちょっとした刺激で、せきをしたり。

病院でもらった薬の中に、うがい薬はあるけど、トローチとかはなくて。それで、市販のトローチとか、のど飴、のどスプレーとか、いろいろやってみたんだけど。

飴のようになめるものだと、甘さもあるし、ゆっくり効くという感じで。のどが痛いときは、良さそうだけど、せきが酷いと、口に含んでるのも辛いし。のどスプレーの方が、吹きかけるだけだから、使いやすいけど、のどの奥の方だから、直接、当たらなくて。

それで、他に、何かないかしらと思って、使い始めたのが、『龍角散ダイレクト スティックミント』。せきが酷くて、寝れないときに使ったら良くて、それから使い続けてて。

水なしで飲む顆粒で、口に含むと溶けて、のどに流れて行くんだけど。流れてるのが分かるくらい、すごい清涼感だから、濃厚な液体を流し込んでるみたいな感じ。

龍角散だから、成分は生薬なんだけど、冷や冷やした感じが強いからかしら、生薬っぽい味も感じないし。一番、良かったのは、口に含んで、1、2回飲み込むだけでいいところ。夜に、せきで目を覚ましても、すぐに飲んで、また寝れるし、近くにおいても、邪魔にならないし。

龍角散は、江戸時代後期、久保田藩(秋田藩)の藩医 藤井玄淵(ふじいげんえん)さんが、原型を考案して。蘭学を学んだ息子 藤井玄信さんが、蘭学の知識を漢方薬に取り入れて、それを改良して。

藩主佐竹義堯さんの喘息治療のために、さらに改良したのが、孫の藤井正亭治さんで、この頃に龍角散と呼ばれるようになって。廃藩置県後に、龍角散として、一般向けに売るようになって。株式会社 龍角散は、昭和3年に設立。

テレビ東京の『カンブリア宮殿』に、龍角散の社長 藤井隆太さんが、ゲストだったことがあって。8代目になるんだけど、就任したときに、会社が倒産寸前で立て直したときの話もあって。社内で大反対された服薬ゼリーを開発して、今では、主力商品とも。

龍角散は、祖父も飲んでたから、あるのは知ってたけど、飲んだのは、初めて。龍角散ダイレクトは、使い方もパッケージも、昔からある薬と感じさせないから、それで、手に取ったところもあって。どうしても、新しい薬の方が、どこかいいような気がしてて。

でも、いいものだから、歴史がある薬だし、新しいものにはない良さもあるのかも。

こんな方にオススメ
・のど調子が悪くなりやすい方
・会社や学校などで、素早くのどを癒したい方
・うがいやトローチが苦手という方
・手間が少なく、すぐに使えるものがいい方
・気軽に持ち歩けるものを探している方

nodo01.jpg nodo02.jpg

  


nice!(256) 
共通テーマ:ショッピング

風邪を引いたら、眠くならず、薬と一緒に飲める医薬品ドリンク エゾエース [のどの痛み・不快感、風邪予防、風邪の治療 他]



どこがスゴイ?
・風邪薬と一緒に飲める!
・飲んでも眠くならない!
・栄養ドリンクに近い味で飲みにくくない

風邪を引いたら パブロン、パブロンのどスプレー365、そして、エゾエース!
昨年末に、ホットシャワー3を買って、これで今年は風邪をひかないぞ!と思ってたんだけど、家族で唯一、吸入器はイヤという父が酷い風邪を引いてしまい、気がつくと家族全員が次々と風邪に。

父は、よくいるオジサンな感じで、風邪を引いているのに、風邪薬を飲まず、やせ我慢なタイプ。みんなで、薬を飲みなさいと言いつつ、頭を抱えてました。

それでも、父以外は、とにかく、風邪に効くというものは、何でもやってしまえという逆のタイプで、薬を飲んで寝てもいいなら、『パブロンS』ノ錠剤を飲んで、喉が痛いときは、さらに『パブロンのどスプレー365』を使って、ダメ押しで医薬品ドリンクの『エゾエース』がいつものパターン。今回も、これで、風邪が酷くなる前になんとか乗り切りました。

周りの人に、これを話すと、いつも、『エゾエースって何?』と聞かれるんですが、最近、初めて、エゾエースを知ってる人がいて、逆にビックリ。その人、北海道出身でした。

エゾエースを知ったのは、たまたま立ち寄ったツルハドラッグ。風邪薬を買おうとしたら、薬局の人が、これを飲めば治りが早い!他の薬を飲んでても飲めるからと薦められたのがキッカケ。

味は、普通の栄養ドリンクに、どこか生薬っぽい感じで、特に飲みにくいというわけではないです。飲んだ感想は、第3類医薬品ドリンクで、風邪にいいというと、飲んだら眠くなりそうだけど、このエゾエースはそんなこともなく。

栄養ドリンクみたいに、眠れないくらい元気になったような気はしないけど、逆に眠気もないという感じ。眠くなると困る人には、便利かも。

風邪薬を飲んでいても、平気でエゾエースは飲めるから、飲み薬の他に、もっと何かしたいという方には、ちょうどいい感じです。

問題は、エゾエースは効くのということ。風邪薬のパブロンSと一緒にいつも飲んでるんですが、パブロンだけよりも、エゾエースも飲んだ方が、立ち直りが早いというか、回復しやすいように感じます。辛口の母も、文句を言わずに飲んでいるところを見ると、気に入ってるようで。

値段が、ツルハドラッグで主に販売しているようで、値段は店頭でもネットでも変わりません。キャンペーンで、送料が無料になったりはするのですが、1本だと525円、4本セットだと1575円というところで、これに関しては、特にネットで安く買えるというものではないです。

このエゾエース、北海道では知られた地元ドリンクだそうで。エゾエースのメインの成分 エゾウコギは、北海道(蝦夷地)のウコギということで、北海道に自生する植物。エゾエースを販売するツルハドラッグの本社も北海道というから、北海道、北海道。

北海道は、子供の頃に唯一家族旅行で遠くに行ったなぁという思い出もあり、なんとなく、普通の栄養ドリンクよりカラダには良さそうで、扱いやすいです。

こんな方にオススメ
・早めに風邪を治したい方
・風邪にいいことは何でもしたいという方

001.jpg

※薬局などでは、風邪にいいと販売されていますが、普通の栄養ドリンクのような滋養強壮から、冷え、肩こり、イライラなど幅広い働きが商品説明には書かれています。風邪には良さそうですが、他の効き目はそこそこじゃないかなというのが、個人的な印象です。

  
nice!(116) 
共通テーマ:ショッピング

鼻づまり、乾燥や不快感で辛い喉を適度な温度と細かい粒子で潤し解消! 超音波温熱吸入器 ホットシャワー3 UN-133B [のどの痛み・不快感、風邪予防、風邪の治療 他]



どこがスゴイ?
・鼻うがいしたような爽快感
・鼻づまりなどの不快感を緩和
・薬を使わず、何度やっても大丈夫
・超音波+温熱で水粒子が細かく温か
・コンパクトで場所もとらず、タンクも外せてお手入れ簡単

風邪や花粉症の鼻づまりも、温かで霧状の水粒子でずいぶん楽に ホットシャワー3
久しぶりに、酷い風邪。いまだに、まだ、少し頭痛が残っているんですが、特に大変だったのが、鼻づまりもあるんですが、鼻と喉がつながっているあたりが痛くて。

風邪を引いたときは、とりあえず、パブロンの錠剤を飲んで、ビックスドロップやトローチでなんとかなるのですが、今回は、なんともならず。近所の内科へ。風邪をひきやすい時期だから、似たような患者がたくさん。

熱はそれほど高くなくて、流行のインフルエンザではいとのこと。それでも、鼻づまりが酷くて、つばを飲み込むたびに、『グビッ』と耳に聞こえたり。炎症止めと点鼻薬も貰ったのですが、それでもなかなか。

そこで、小児喘息だったので、以前に使っていた医療用の超音波吸入器を使うことに。鼻を潤して、鼻づまりを解消しようと。本体を開けて、水を入れて、その上に容器をセットして、その容器に薬を入れるというもの。タイマーをひねると、ちゃんと動くのですが、問題が....

口元にマスクをつけるのですが、そこから本体につながるジャバラのホースのみぞに黒いカビが点々。とにかく、使った後のお手入れが大変だから、水気が残っていたのかな。ホースだけでも2つあって、薬を入れる容器、そして、本体にも水を入れるから、使った後は、重たい本体を持っていったりと大変。

この他にも、さらに古いスチーム式の吸入器もあるのですが、超音波式に比べ、かなり古く、四角で長いゴムホースが出ているというもので、こちらは電源を入れたら、スチームが出るまでかなり時間がかかり、しかも、どこかニオイが変。我が家の超音波式もスチーム式も役に立たず、吸入器を買うことに。

スチーム式が多くて、『OMRON オムロン 吸入器 スチームサワ NE-S18』、『Panasonic スチーム吸入器 白 EW6400P-W』、超音波温熱なら 『超音波温熱吸入器 ホットシャワー3 UN-133B』、携帯なら 『Panasonic ポケット 吸入器 ホワイト EW-KA30』など。

『OMRON オムロン 吸入器 スチームサワ NE-S18』の特徴は、スチームを30秒ほどで出せるというスピード。温度調節、スチーム量の調節もでき、1分間の噴霧量は6ml。食塩水はダメ。

『Panasonic スチーム吸入器 白 EW6400P-W』は、悩み別に3つのモード、はなづまりモード、はなムズムズモード、のどイガイガモードがあるのがユニーク。スチームの温度は、噴霧する部分手前にある開閉するツマミで調節。噴霧量は、1分間に2~10ml。スチーム式ならではの、起動までに少々時間がかかる。食塩水はダメ。

『エーアンドディ 超音波温熱吸入器 ホットシャワー3 UN-133B』は、超音波でミストを細かく、さらに適度な温度に温めるという超音波温熱。こちらは、スチームではないので、15秒で使え、しかも、生理食塩水も可。

最後は、携帯に便利な『Panasonic ポケット 吸入器 ホワイト EW-KA30』。噴霧量は約2.0~6.0ml、約3分間使える。こちらは超音波式ではないので、『プッシュー!』とネブライザーで噴射しているような結構なモーター音。携帯できる吸入器は珍しいです。

ここで、噴霧するミストの小ささを比較すると、スチームサワ 13ミクロン、Panasonic 吸入器 EW6400P 4ミクロン、ホットシャワー3 5ミクロン、Panasonic ポケット 吸入器 40ミクロン。携帯型が大きいといっても、もともとかなり小さいものの話なのですが、スチーム式で超音波式より小さいのは凄い。

電源を入れて、使えるまでの時間だと、この中では1番が『Panasonic ポケット 吸入器』、次は超音波温熱の『ホットシャワー3』。ミストの細かさ、むせにくい生理食塩水が使えること、そして、据え置きで自宅で使うことを考え、『ホットシャワー3』に決めました。

まだ、2,3日しか使ってないのですが、感想としては、スチーム式のように熱くてシューシューという音もなく、静かです。ミストが温かい方が、粘膜の回復を促すという話があるのですが、凄く良かったのは鼻づまりが大分良くなったことです。

喉がイガイガで、咳も続いていたものですから、むせにくい整理食塩水というのもポイントが高かったのですが、普段なら普通の水でも大丈夫だと思うのですが、風邪などで敏感になっているときには、整理食塩水はいいです。

整理食塩水と言っても、買ってくるわけではなく、水に0.9%の塩を入れたものです。付属で、計量スプーンが入ってるので、塩と水があれば、簡単に整理食塩水ができます。

吸入の仕方は、喉が悪いときは、口から吸い鼻から出して、鼻が悪いときは、この逆で、鼻から吸って口から出すです。使っていると、本体から開始、中間、そして、終了のちょっとした音の合図があります。タンクに水がないときも、警告音が鳴ります。

今まで、点鼻薬を使ってもなかなか効果がでなかったのですが、吸入器で鼻づまりがよくなったところで薬を使うと、効き具合が違います。

お手入れは、マスクの部分とタンクを外せて簡単です。薬を使わない分、1日に何回使っても悪いものでもないので、鼻づまりが辛く、何度も使いたいときには、お手入れが簡単だと便利で助かります。

鼻が詰まっていると、頭までぼ~としてしまいますが、鼻の通りがスースーになると、頭の回転もよくなったような気がしてます。これは便利というより、しばらく使うつもありですが、花粉が飛ぶ時期にも活躍しそうで、なかなかの優れものでした。

風邪をひかないようにと鼻うがいもありますが、やりにくいこともあって、それに比べると簡単でいいと家族で使ってます。健康維持のために、定番アイテムになりそうです。

こんな方にオススメ
・鼻や喉に不快感がある方
・鼻づまりを起こしやすい方
・風邪をひかないよう健康に気遣う方

※ミストがでる角度は決まっているので、高さを調節するために本などを重ねたりしています。

  

nice!(155) 
共通テーマ:ショッピング
のどの痛み・不快感、風邪予防、風邪の治療 他 ブログトップ