So-net無料ブログ作成

クセになりにくい便秘薬 体調が悪いと便秘になりやすくて、溶けやすいと効き目も違うみたい♪ 健栄製薬 酸化マグネシウム E 便秘薬 [胃の調子が悪い・胃もたれ・消化不良・便秘 他]



どこがスゴイ?
・酸化マグネシウムが主成分の便秘薬
・保水力を高めて、お通じを良くするもの
・錠剤がすごく溶けやすくて、レモン風味
・少ない量から飲み始めて、様子をみながら
・体調が悪いと便秘になりやすいみたいで
・3Aマグネシウムは、3年くらい飲んでて

体調が悪いと便秘になりやすいみたいで、でも、これで大丈夫 健栄製薬 酸化マグネシウム E 便秘薬
最近、胃の調子が悪くて、胃薬を飲んでると書いたんけど、調子が悪いのは、胃だけじゃなくて、便秘にもなりやすくなって。果物と野菜のスムージーを毎朝飲むようになって、1年くらい便秘薬を飲まなくても大丈夫だったけど、いつものように飲んでもダメで。

便秘が続くと、どうしても、痔にもなりやすくなるから、毎日の事だし、憂鬱にも。スムージーを飲む前は、ずっと慢性的な便秘に悩まされてて、3年くらい酸化マグネシウムの『3Aマグネシア』を飲んでたから、また、飲もうと思って、注文したんだけど。同じようなもので、『健栄製薬 酸化マグネシウム E 便秘薬』も見つけたから、それも。

どちらも、主成分は、酸化マグネシウムなんだけど。酸化マグネシウムの便秘薬は、便意を刺激するようなものじゃなくて、便に含まれる水分を増やして、柔らかくするから、お通じが良くなるというもの。クセになりにくくて、お腹も痛くなりにくいから、すごく便利。

錠剤は、夜、寝る前に飲むだけで。最初は、少ない量から飲み始めて、どのくらいで、お通じが良くなるか様子を見ながら。飲む前の便が出てから、効果が感じられるから、最初だけ、ちょっと時間がかかるかも。

このくらいと飲む量が決まったら、毎日、その量を飲むだけで、自然なお通じに近くて。辛い物を食べると、便秘になりがちだったけど、それも大丈夫になったりするから、それも良くて。もちろん、個人差があると思うんだけど。

『3Aマグネシア』は、発売元はフジックスで、製造販売元は佐藤薬品工業。1998年に、3Aマグネシアを医薬品として発売してて、20年くらい前から。長く飲み続ける前にも、飲んだことがあって、その時は、飲み方がよく分からなかったから、すぐにやめてしまったことも。

他には、水酸化マグネシウムの便秘薬で、『エムジーファーマ 錠剤ミルマグLX』もあって、これも、結構、前からあるもの。錠剤の他にも、『ミルマグ液』という液体もあって、3歳以上から飲めるとか。



『健栄製薬 酸化マグネシウム E 便秘薬』は、最近、発売されたもので、女優の菊川怜さんがテレビCMしてるもの。この薬が市販薬として発売される前、処方薬で酸化マグネシウムが主成分のものを出してたみたい。

健栄製薬は、日本薬局方収載医薬品、古くからある薬品を製造するメーカーで、医療用医薬品・OTC医薬品市場で高いシェアがあるトップメーカー。設立当初から消毒薬の分野で特に強くて、消毒用エタノールで国内トップシェアなんだけど、他にも、白色ワセリン、精製水、ケンエー・浣腸なども、国内トップシェアとか。うがい薬の生産量も他社に比べて圧倒的に多く、国内で1番とも。

酸化マグネシウムの便秘薬は、いいところが多いんだけど、ちょっと気になるのが、高マグネシウム血症で。腎機能が低下してて、マグネシウムをサプリなどで摂取してると、高マグネシウム血症になって、吐き気、嘔吐、めまい、脈が遅くなる、体がだるいなどの初期症状があって、重い症状になると、息苦しくなったり。

でも、国立健康・栄養研究所のホームページで、マグネシウムについて調べたら、そんなに気にしなくてもいいのかしらと思えて。マグネシウムの過剰摂取については、食品に含まれるマグネシウムでは、健康障害を起こしたという報告がなくて、マグネシウムを経口的に過剰摂取しても、腸管からの吸収が抑制されて、速やかに軟便・下痢で排出されるとか。腎機能の低下で、高マグネシウム血症の話もあるけど、食生活などで、マグネシウム不足の問題も書かれてて。

マグネシウム不足になると、骨粗しょう症、神経疾患、精神疾患、不整脈、心疾患、筋肉収縮異常などがあって。マグネシウムは、体内で300種類以上の酵素反応に、補酵素として働き、ほとんどすべての生合成反応や代謝反応に必要とも。体内で、マグネシウムが不足すると、骨に貯えられたマグネシウムを使い、骨の健康にも必要なマグネシウムだから、ちゃんと食事などで補えればという話。

薬やサプリで、マグネシウムの過剰摂取から下痢が起こる可能性があるから、耐容上限量が設けられてて、成人で1日350mg。いろんな栄養を含んでるサプリを飲んでて、下痢したりしてたら、マグネシウムの量を調べてみるのもいいのかも。

こういう話がいろいろあると、高マグネシウム血症も気にならなくなってきて。また酸化マグネシウムの便秘薬を飲み始めたんだけど、『3Aマグネシア』と『酸化マグネシウム E 便秘薬』を飲み比べたら、違いがあって。

『酸化マグネシウム E 便秘薬』の錠剤は、すごく溶けやすくて、水を含んだ時には、錠剤が溶けるのが分かるくらい。レモン風味だから、変な味でもないし、液体を飲んでるのに近いかも。『3Aマグネシア』は、しっかりした錠剤で、すぐ溶ける感じじゃなくて、普通の錠剤という感じ。

寝る前に飲むんだけど、私は3錠くらいだから、量も少なめだし、特にお腹がもたれたりすることもないけど。1回に飲む量が多かったら、溶けやすい方が胃への負担は少ないんじゃないかしら。

様子を見ながら飲む量を決めるんだけど、私は、『3Aマグネシア』は、3錠なんだけど、『酸化マグネシウム E 便秘薬』は、2錠がちょうど良くて。どちらも、6錠中に、2000mgの酸化マグネシウムを含んでるのは同じだから、違いはないと思ってたんだけど。錠剤が溶けやすい方が、効きやすいのかしら。もしかしたら、胃の調子とも関係があるのかも。

アマゾンの販売価格で見たら、大きい容器の360錠だと、『3Aマグネシア』の方が、ちょっと安いかしら。でも、『酸化マグネシウム E 便秘薬』との差は、そんなに大きくなくて。3Aマグネシアは、ドラッグストアでほとんど見かけたことがなくて、見つけても、小さいボトルだけだったり。価格は、お店でいろいろだけど、テレビCMもあるから、『酸化マグネシウム E 便秘薬』なら手に入るかも。

『酸化マグネシウム E 便秘薬』は、飲み始めて1ヶ月も経ってないから、もっと長く飲み続けたら、いろいろ分かることがあるかもしれないけど。今のところ、調節しやすいような気がして、使いやすそう。

こんな方にオススメ
・お腹がいたくなりにくい便秘薬を探している方
・慢性的な便秘で困ってる方
・便秘や痔になりやすくて憂鬱という方
・自然なお通じに近い方がいい方

mgbennpiyaku.jpg

  


nice!(274) 

nice! 274