So-net無料ブログ作成
検索選択
前の2件 | -

雑草を取るのは面倒だけど庭に緑が欲しいみたいで 植えると雑草が生えなくなって、植物の草たけも低いから緑も ヒメイワダレソウ 姫岩垂草 [雑草対策 防草、自然な除草剤 他]



どこがスゴイ?
・植えると雑草を駆逐する植物 ヒメイワダレソウ
・繁殖力がすごくて、あっという間に広がるとか
・乾燥にも強くて、冬に枯れても、春にまた生えてきて
・土質も選ばないし、日当たりが少し悪くても
・害虫も防げたり、踏んでも大丈夫とか
・繁殖力が強いから、植えるところは十分考えて
・芝生が、ネコのフンで穴だらけ、雑草も生えてるから
・グラウンドカバー向けの植物

芝生の代わりに、雑草も防いで、手入れも少なく ヒメイワダレソウ 姫岩垂草
実家の庭には、芝生を植えてて、いつ植えたか分からないくらい前からあるんだけど。ネコがよくうろちょろしてて、フンをしたりするから、芝生ごと掘って捨てて、芝生が穴だらけ。それに、雑草もどんどん生えてくるから、それも取らないといけなくて。

芝生は、掘ったところだけ、また植えることもできるけど、根がしっかりつくまで、2ヶ月以上かかるとか。この他にも、エアレーションといって、古い根や茎を切って、空気を入れるために、ローンスパイクで上から穴を開けたりしなくちゃいけなくて、結構、お手入れが大変。

芝生から生えてくる雑草だけ枯らす除草剤もあって、粒状でばらまくだけの簡単なものだと、『レインボー薬品 シバキープII 粒剤 』とか、『住友化学園芸 シバニードアップ粒剤』など。液体で原液の『芝生用除草剤 MCPP液剤』などもあるけど、ちゃんと薄めて使わないと、芝生にも影響があるとか。

父は、木を切るのは、一生懸命だけど、雑草とるのは、あまり好きじゃないみたいで。それで、除草剤を使ったらと話したら、飲み薬も嫌いだから、除草剤もイヤみたいで。父は、殺虫剤も、蚊取り線香も嫌がるから、気難しくて。

除草剤を使いたくないけど、雑草は生えてるし、芝生に穴もあいてて。何かいい方法、ないかしらと調べてたら、『ヒメイワダレソウ』(姫岩垂草)を見つけて。ヒメイワダレソウは、雑草を駆逐する植物と言われてて。雑草が生えてるところに植えると、どんどん増えて、雑草が生えないようにするもの。

根がはるまで、水をやったら、後は、乾燥にも強いし、土の質もあまり関係なくて、どんどん増えるから、初心者でも簡単に育てられるとか。草の高さも低くて、病気に強く、害虫も寄り付き難くて。高温多湿を好んで、冬になると枯れるけど、春になると芽が出て、グラウンドカバー(地面をおおう植物)向けの植物。

変わった植物だから注意するところもあって、繁殖力が強いから、どんどん広がって、デリケートな植物を枯れさせてしまったり、勝手に広がり続けないように管理すること。埼玉県の行田市では、農業用水路沿いに植えたりして、利用されてるみたい。

ヒメイワダレソウは、別名リッピアとも呼ばれてて、姫岩垂草と漢字でも書けるけど、原産国は、ミクロネシアやペルー。日本には、昭和初年に入ってきたというから、ずいぶん前から、あって。海岸とか川岸に生えてたりするというから、もしかしたら、どこかで見たことがあるかも。

ヒメイワダレソウの増え方も、種を飛ばして、あちらこちらに広がるものじゃなくて、植えたところから広がるもの。実家は、周りが住宅地だから、敷地の境界がしっかりしてて、道路とかコンクリートで仕切られてるし、自然が多いところでもないから、大丈夫そう。

父に話したら、薬をまくよりは、植物を植えた方がいいと言ってたし。芝生なら、フンで掘って捨てたら、なかなか、開いたところがふさがらないけど、ヒメイワダレソウなら、すぐに増えて、目立たなくなりそうだから、ちょうど良くて。

父が、近くのホームセンターに買いに行ったら、全然、売ってなくて。植物の専門店じゃないとないのかしらと思ったら、アマゾンで売ってて、びっくり。今まで、アマゾンで植物を買ったことがなかったから、そういうのも扱ってるのを知らなくて。早速、『“ヒメイワダレソウ”マット苗』を注文。

翌々日には届いてて、下の写真が、ヒメイワダレソウなんだけど。段ボールに入ってて、中を開けたら、こんな感じで入ってて。思ってたよりも、草のたけが低くて、芝生の代わりに良さそう。どんどん増えるというから、どのくらいで芝生と同じくらい広がるのかしら。

繁殖力が強いから、多く買う必要もなくて。これで、雑草も生えなくなって、青々とした芝生みたいに広がるといいんだけど。繁殖力があると、特定外来種みたいみたいになったりすると困るけど、調べてみたら、防草対策で住宅メーカーが使用実例で載せてるのも多くて。

ヒメイワダレソウと他の植物を交配させて、もっとグランウドカバー向けに優れた植物を作り出して、販売してるメーカーがあるくらいだから、心配するほどでもないのかしら。昭和初年だから、ずいぶん前からあるし。

初めて、アマゾンで植物を買ったんだけど、ホントに、ホームセンターで頼んで届けてもらったみたいな感じで、すごく便利。珍しい観葉植物とかも、ネットなら気軽に買えそうだし、自然の物が身近にあると、もっと楽しく快適に過ごせそう。

こんな方にオススメ
・雑草を取るのが面倒という方
・雑草で虫が多いという方
・お庭を芝生のように植物で青々としたい方
・芝生よりも、便利な植物を探している方
・雑草が邪魔だけど、緑がないのも寂しいという方

himeiwadaresou01.jpg himeiwadaresou02.jpg

    


nice!(282) 
共通テーマ:ショッピング

野球観戦とコンサートに双眼鏡 折りたたむと手のひらサイズで、16倍だから遠くもよく見えて E-Shine 双眼鏡 超ミニ 16倍25口径 [野球観戦・コンサート・旅行に 双眼鏡]



どこがスゴイ?
・たためむと手のひらサイズの双眼鏡
・倍率は16倍だから、野球観戦やコンサートにも
・遠くがよく見えると違った面白さも
・低価格でも、十分見えて
・あるといろいろ使えて便利そう
・左右の目で視力の違いも合わせたり
・双眼鏡も正しい使い方があるみたい

持ち運びに便利な双眼鏡が欲しいと言われて E-Shine 双眼鏡 超ミニ 16倍25口径
取引先からかしら、父が野球観戦のチケットを貰ってきてて、年に1回くらい貰ってくるかしら。野球に全然詳しくなくて、どこのチームを応援してるとかもないんだけど、せっかくだから、家族で行くことになって。

9月になって、過ごしやすい季節になったからかしら、珍しく母が乗り気で。それで、急に双眼鏡が欲しいと言われて、コンサートに行く予定もあるから、そこでも使いたいみたい。お気に入りの選手でも、見つけたのかも。

父が折りたたみのオペラグラスを持ってて、コンパクトなんだけど、倍率が2倍だけだから、全然、ダメとか。そのオペラグラス、私が子供の頃、開けて閉じてを繰り返して遊んでたことがあるから、ずいぶん前のもの。

どんな双眼鏡がいいのと聞いたら、もっと倍率が高いもので、コンパクトで持ち運びも便利、野球観戦とコンサートに使いそうなもので、使っててもあまり目立たないもの、低価格だけど十分使えそうなものとか。その条件に当てはまりそうなものを探してたら、双眼鏡もいろいろあって。

倍率が高いものだから、8~16倍くらい、使ってても目立たないのもポイントみたいで、色を聞いたら、落ち着いた赤い色ならいいけど、メタリックな感じだったら、黒でいいとか。コンパクトというのも、ハンドバックに入るくらいだから、たたんで手のひらサイズくらい。

いろいろ調べてたら、この条件でレビューや評価も良かったのは、『OLYMPUS ダハプリズム双眼鏡 8x21 RCII シャンパンゴールド 小型軽量モデル』、『Nikon 双眼鏡 アキュロンT01 10x21 ダハプリズム式 10倍21口径 ブラック ACT0110X21BK』、『CORAX 双眼鏡 10×22 10倍22mm有効径』、『E-Shine 双眼鏡 超ミニ 16倍25口径』など。

『OLYMPUS ダハプリズム双眼鏡 8x21 RCII シャンパンゴールド 小型軽量モデル』と『Nikon 双眼鏡 アキュロンT01 10x21 ダハプリズム式 10倍21口径 ブラック ACT0110X21BK』を見てたら、どちらも有名メーカーだし、やっぱり、かたちが格好良くて、おしゃれ。でも、色が派手だったり、価格もそれなり。

趣味がアウトドアで、山登りとか、バードウォッチングなら、よく使いそうだし、このくらいでもと思うけど。でも、母は、どのくらい使うか、ホントに分からなくて、双眼鏡を使ってみて、気に入らなかったら、ほったらかしだし、それを考えたら、ちょっと。

双眼鏡で野鳥を見て、何かを調べたりするような人ならいいんだけど。母は、説明書もほとんど読まないで、勝手に使って壊しても、自分が壊したとも思ってないみたいだし。たぶん、子供の頃から、こういう性格なんじゃないかしら。

『CORAX 双眼鏡 10×22 10倍22mm有効径』と『E-Shine 双眼鏡 超ミニ 16倍25口径』は、見た目が同じように見えるけど、倍率が違ってて、評価も良くて、低価格。

16倍25口径は、16x25のことで、最初の16が倍率、25がレンズの大きさで、対物レンズ有効径が、25mmという意味とか。

対物レンズは、双眼鏡をのぞき込んだときに、手前じゃなくて、先についてるレンズで、25mmだと、そのレンズの直径が2.5cm。

対物レンズが大きい方が、より光が入って、明るく見えるとか。でも、対物レンズが大きくなると、レンズの大きさに合わせて、双眼鏡も大きくなるから、コンパクトじゃないものになりそうで。

他の商品を見てて、疑問に思ったことがあるんだけど。似たような商品で、30x60があって、60mmだと、双眼鏡としては、直径6cmのレンズが2つあることになるから、すごく大きなものになりそうだけど、写真を見たら手のひらサイズ。これって、そういう意味の数字じゃないのかしら。

倍率が高めで、折りたたんで小さくなるもの、色が黒で低価格だから、『E-Shine 双眼鏡 超ミニ 16倍25口径』に決めて、早速、注文。

すぐに届いて、下の写真が『E-Shine 双眼鏡 超ミニ 16倍25口径』なんだけど。小さな箱の中には、双眼鏡、レンズ拭き、ケースが入ってて。最初に見たときは、想像してたより小さくて、ちゃんと見えるのかしらと不安になるくらい

最初、双眼鏡がよく分かってなかったから、真ん中で調節して、覗き込んだら、ちょっとぼやけて見えて。それでも、遠くが見えたから、双眼鏡って、こういうものかしらと思ってて、説明書を読んでも、よく分からなかったし。そのあと、ネットで双眼鏡の使い方を調べてみたら、すごくハッキリ見えて、びっくり。

双眼鏡のタイプでも違いがあるみたいだけど、ピントを合わせるところが2つあって、双眼鏡の真ん中と右側の覗き込むところ。最初に、左目だけで見ながら、ピントを調節して、最後に、右目だけで覗き込んで、右側の覗き込むところで調節して、ピントをどちらも合わせて。

どうして、2つでピントを合わせるかなんだけど、それは、左右の目で視力が違うからとか。双眼鏡の真ん中でピントを合わせるのは、左目の視力に合わせるためで。左目と右目で、大きく視力が違うこともないから、右側だけをちょっと調節して、右目の視力にピッタリ合わせて、これで、両目に合った状態。

この他にも、左右の目の幅に合わせて、双眼鏡を広げて使わないと、いくらピントが合ってても、幅が合ってないと、よく見えないし。双眼鏡って、もっと簡単に使えるものと思ってたけど、ちゃんと細かい使い方があるみたい。

野球観戦で使ってみたら、1塁側に座ってたんだけど、ピッチャーの表情が分かるくらい見えたし、ベンチも見たら、座ってる選手の顔も見えてて。

野球に詳しかったりすると、選手の表情から考えてることが想像できたりして、もっと野球が楽しめたりするのかも。目の前というほどじゃないけど、ちょっと離れたところにいるくらい見えてたから、このくらいがちょうどいいかも。

双眼鏡って、『Nikon ズーム双眼鏡 アキュロンT11 8-24x25 ポロプリズム式 8-24倍25口径 ACT11』みたいなものなら、8~24倍まで、倍率が切り替えられたりするけど、このくらいだと、1万円以上はするし。何千円だと、倍率が決まってるから、何に使うかを考えて選ぶことになりそう。

母は、こういう細かく調節するようなものも苦手みたいで、覗き込みながら調節するのが難しいとか。コンサートでも使いたいと話してたけど、上手く使えるかしら。

こんな方にオススメ
・コンパクトな双眼鏡を探している方
・小さくても倍率が高めという方
・野球観戦やコンサートで使いたい方
・ドライブや旅行によく行く方
・趣味がアウトドアという方

sougankyou.jpg

    


nice!(378) 
共通テーマ:ショッピング
前の2件 | -